トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 新ドラマ「彼女の私生活」、パク・ミニョン&キム・ジェウクが主演に確定

新ドラマ「彼女の私生活」、パク・ミニョン&キム・ジェウクが主演に確定


  • 新ドラマ「彼女の私生活」、パク・ミニョン&キム・ジェウクが主演に確定
tvN『彼女の私生活』がパク・ミニョンとキム・ジェウクを主演にキャスティングした。

tvNの新しいドラマ『彼女の私生活』(脚本キム・ヘヨン、演出ホン・ジョンチャン)は完璧なキュレーターだが、その素顔はアイドルオタクのソン・ドクミ、そんなドクミに関心を持つ彼女の上司ライアンと幼なじみウンギの間で起こるロマンスだ。

そんなドラマでパク・ミニョンとキム・ジェウクの共演が予告された。劇中、キュレーターとアイドルオタクの二重生活を送るソン・ドクミ役にはパク・ミニョンが、ソン・ドクミを探求する美術館の新任館長ライアン役にはキム・ジェウクがキャスティングされたもの。

パク・ミニョンが演じるソン・ドクミは1日が24時間では足りないプロのオタクだ。新人作家を発掘してデビューさせる美術館のキュレーターであり、密かにアイドルグループのメンバーであるシアンのホンマ(ホームページマスター)として二重生活を送っている人物で、仕事にもオタク活動にも最善を尽くすプロ中のプロだ。

オタク活動のせいで破局を迎えること数回、恋愛ではなくオタク活動にすべてをかけている。これにキュレーターとアイドルオタクを行き来するパク・ミニョンの魅力への期待が高まる。

劇中、ソン・ドクミ(パク・ミニョン)が気になって彼女のオタクになるライアン役にはキム・ジェウクがキャスティングされた。彼は『彼女の私生活』で久しぶりにラブコメに出演して、演技変身を予告している。

キム・ジェウクはソン・ドクミが働く美術館の館長ライアン役を引き受けた。劇中、ライアンはデビューから絶筆までセンセーショナルな話題を集めた画家で、絶筆後は美術館長として活躍する。孤独でも孤独だとは思わない個人主義者である彼は、ソン・ドクミが勤務する美術館に新任館長として就任してソン・ドクミの二重生活を知ることになる。劇中、パク・ミニョンの二重生活にキム・ジェウクが関心を持つようになり、本格的なロマンスが始まってときめかせる予定だ。

何よりも、パク・ミニョンとキム・ジェウクの共演が期待を高める。ジャンルを問わず演技力とキャラクター消化力、ユニークな魅力を持った2人の出会いがどのような相乗効果を生み出すのか好奇心を刺激する。

『彼女の私生活』の制作陣側は「『彼女の私生活』の主演としてパク・ミニョンとキム・ジェウクを確定した。演技力は言うまでもなく、劇中のキャラクターと2人のキャラクターシンクロ率が良くて期待が大きい。パク・ミニョンとキム・ジェウクが見せる『彼女の私生活』に期待してほしい」と伝えた。

一方、tvN『彼女の私生活』は『真心が届く』の後続として放送される予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-01-29 08:35:20