トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 2PMチャンソン「真心が届く」特別出演のスチールカット公開

2PMチャンソン「真心が届く」特別出演のスチールカット公開


  • 2PMチャンソン「真心が届く」特別出演のスチールカット公開
『真心が届く』に2PMチャンソンが特別出演する。

tvNの水木ドラマ『真心が届く』(脚本イ・ミョンスク、チェ・ボリム、演出パク・ジュンファ)はある日、ドラマのように法律事務所にやって来た女優オ・ジンシム(ユ・インナ)が完璧主義弁護士クォン・ジョンロク(イ・ドンウク)と会って始まる偽装就業ロマンスだ。

13日に放送される『真心が届く』3話にはチャンソンがカメオとして登場する。チャンソンは『キム秘書はいったい、なぜ?』を介して一緒に呼吸を合わせたパク・ジュンファ監督との縁でカメオ出演を快諾した。チャンソンは小心者の弁護士タン・ムニ(パク・ギョンヘ)の心を揺さぶる「雷クイックマン」役を演じて、強烈なインパクトを残す予定だ。

公開されたスチールの中にはチャンソンとパク・ギョンヘの運命的(?)な出会いがおさめられている。チャンソンはスイートな笑顔を浮かべているが、後光がさしているような姿だ。また、チャンソンを発見して内気な笑顔を見せるパク・ギョンヘの姿もある。パク・ギョンヘの口角は終始上がりっぱなしだ。果たして2人の間に何が起こったのだろうか。

去る1月に行われた撮影でチャンソンはパク・ジュンファ監督をはじめとするスタッフと一緒にパク・ギョンヘ、オ・ジョンセ、チャン・ソヨン、パク・ジファン、キム・ヒジョンなどに優しく挨拶して特別な親和性を見せた。また、強烈なインパクトのためにせりふのトーンについて話し合い、様々なバージョンの笑顔を考案してくるなど、情熱を見せたという。

チャンソンは「『キム秘書はいったい、なぜ?』で一緒だったパク・ジュンファ監督との縁でカメオ出演をすることになった。カメオ出演分の台本を見ただけでも状況が愉快で人物の個性が際立っていると感じた。現場の雰囲気も和気あいあいとしていて自然と撮影することができた。視聴者の方々が楽しんで見てくれたら」と伝えて期待を高めた。

これに『真心が届く』の制作陣は「チャンソンの熱演により強烈なシーンが完成した。感謝を伝える」とし「今夜の3話のチャンソンのサプライズ登場により火花(?)のようなことが起きる。チャンソンとパク・ギョンヘにどのようなことが起こるのか期待してほしい」と伝えて関心を高めている。

一方、tvN水木ドラマ『真心が届く』3話は今日(13日)夜9時30分に放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-02-13 13:06:05