イ・ソジン主演ドラマ「トラップ」、予断許さぬ展開で自己最高視聴率を更新


▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

OCNドラマチックシネマ『トラップ』が誰も信じることができない、少しも油断できないどんでん返しを続けている。ぎゅっと詰め込まれたスリル感で自己最高視聴率を記録し、同時間帯1位を記録した。

去る17日に韓国で放送されたOCNのドラマチックシネマ『トラップ』(脚本ナム・サンウク、演出パク・シヌ、合計7部作)第4話『秘密と嘘』はケーブル、IPTV、衛星を統合した有料プラットフォーム視聴率で世帯平均3.7%、最高4.4%と、自己最高を記録、ケーブル、総合編成を含む同時間帯1位となった。OCNのターゲット層である男女25歳から49歳の視聴率でも平均3.2%、最高3.7%と自己最高を更新し、ケーブル、総合編成を含む同時間帯1位を記録した。(有料プラットフォーム全国基準、ニールセンコリア提供)

この日、ユン・ソヨン(イム・ファヨン)はカン・ウヒョン(イ・ソジン)とシン・ヨンス(ソ・ヨンヒ)が、典型的な仮面夫婦だという事実、シン・ヨンスが自分の息子を虚栄心を満足させてくれる道具程度に考えているという事実を知った。

ユン・ソヨンは「もし、シン・ヨンスとホン代表が浮気をした理由が、お互いが1ミリの誤差もなくそっくりな種だと気づいたからだとしたら」という信じられない推測を続けた。

続いてユン・ソヨンは「知っている人に大きな苦痛を与えることで得られる快感のために周りの人たちを物色するサイコパスの連続殺人の特性上、ヨンスとホン代表がチームだった可能性もある」と明らかにした。

果たしてカン・ウヒョンの言う「自分たちの利益と快楽のために動くだけでなく、平凡な人たちの弱い部分を見つけて自分たちと同じ水準の悪行をさせる本当の悪魔たち」の実態は何なのだろうか。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-02-18 09:16:26