トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > ユイ&イ・ジャンウ出演「たった一人の私の味方」視聴率42.6%で自己最高更新

ユイ&イ・ジャンウ出演「たった一人の私の味方」視聴率42.6%で自己最高更新


▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

  • ユイ&イ・ジャンウ出演「たった一人の私の味方」視聴率42.6%で自己最高更新
『たった一人の私の味方』が自己最高視聴率を更新した。

18日、視聴率調査会社ニールセンコリアによると17日に放送されたKBS2の週末ドラマ『たった一人の私の味方』89・90話はそれぞれ37.6%と42.6%(全国基準)の視聴率を記録した。

これは去る87・88話が記録した31.8%、37.7%よりそれぞれ5.8%P、4.9%Pずつ上昇した数値で、同時間帯1位だ。

また週末ドラマの王座を守っている『たった一人の私の味方』は先月13日に放送された70話が記録した自己最高視聴率41.6%を1カ月ぶりに更新した。

『たった一人の私の味方』はチャン・ダヤ(ユン・ジニ)が自分の父親を殺した殺人犯のカン・スイル(チェ・スジョン)の正体を暴露して嵐のような展開を続けている。

カン・スイルの正体を知った人々はカン・スイルのパン屋に卵を投げつけた。キム・ドラン(ユイ)はワン・デリュク(イ・ジャンウ)との離婚後、パン屋で働いていたが、イ・テプン(ソン・ウォンソク)は厳しい状況のキム・ドランをそばで黙々と助けている状況。ワン・デリュク(イ・ジャンウ)はチャン・ソヨン(コ・ナウン)と偶然に会って縁を続けている。

カン・スイルと娘キム・ドランが苦しい時間を過ごしている中で、カン・スイルの事件を目撃したホームレスが再び登場した。カン・スイルは道でホームレスと遭遇し、彼が過去の殺人事件の目撃者だということに気づいた。このようにカン・スイルの過去の事件に別の真実があるかもしれない状況が予告され、今後の展開が関心を集めている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者 / 写真=KBS2 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-02-18 08:15:10