「極限職業」観客動員数1500万人突破…韓国歴代2位


映画『極限職業』が1500万人の観客を突破した。

23日、韓国の映画振興委員会統合電算網の集計によると、『極限職業』は前日の22日に9万3656人の観客を集めてボックスオフィス2位になった。累積観客数は1503万2718人と集計された。

過去に韓国で1500万人の観客を突破した映画は『極限職業』と『バトル・オーシャン 海上決戦』だけだ。

映画『娑婆訶(サバハ)』は17万7340人の観客を動員、3日連続でボックスオフィス1位の座を守った。累積観客数は51万4016人だ。

『証人』は9万488人の観客数を記録、3位にランクインした。累積観客数は119万6718人だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2019-02-23 08:30:08