トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「たった一人の私の味方」44.6%を記録、自己最高視聴率を更新

「たった一人の私の味方」44.6%を記録、自己最高視聴率を更新


  • 「たった一人の私の味方」44.6%を記録、自己最高視聴率を更新
『たった一人の私の味方』が再び自己最高視聴率を更新した。

25日、視聴率調査会社ニールセンコリアによると24日に韓国で放送されたKBS2の週末ドラマ『たった一人の私の味方』93話と94話はそれぞれ39.7%と44.6%(全国基準)の視聴率を記録した。これは、同時間帯1位に該当する。

『たった一人の私の味方』は17日に記録した自己最高視聴率42.6%を超え、再び自己最高視聴率を更新した。

この日の放送ではカン・スイル(チェ・スジョン)ではなく、ホームレスが真犯人だということが明らかになった。キム・ドラン(ユイ)は認知症がひどくなったパク・グムビョン(チョン・ジェスン)の世話をした。

ワン・デリュク(イ・ジャンウ)はキム・ドランと復縁すると宣言した。チャン・ゴレ(パク・ソンフン)は突然、路上で倒れ、肝機能に異常があるという診断を受けた。

週末ドラマの王座を堅固に守っている『たった一人の私の味方』は28年ぶりに現れた父親のために人生がこじれた一人の女性と正体を隠すばかりだった彼女の父親が「世界に一人だけの味方」に会って人生の希望を取り戻して行く作品だ。毎週土曜日と日曜日の午後7時55分に放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2019-02-25 08:26:09