2PMジュノ、主演ドラマ「自白」で弁護士に…「友人からアドバイスをもらった」


tvNの新しい土日ドラマ『告白』でジュノがキム・チョルギュ監督、ユ・ジェミョンとの呼吸についての率直な考えを明らかにした。

来る23日に韓国で初放送予定のtvNの新しい土日ドラマ『告白』(脚本イム・ヒチョル、演出キム・チョルギュ、ユン・ヒョンギ)は、一度判決が確定した事件は再び扱うことができないという一事不再理の原則、その法の枠に隠れた真実を追う者たちを描いた法廷捜査ドラマだ。

このドラマでジュノは死刑囚の父親を救うために弁護士になった「チェ・ドヒョン」を演じる。

彼はソフトに見える外見の中に岩のように固い芯を持った人物であり、明敏な洞察力と外柔内剛のカリスマを披露する予定だ。

何よりもジュノは『自白』への出演を決心した理由について「嵐のようなストーリー」と答えて注目を集めた。彼は「出演を決定する前、3部までの台本を最初に読むことになったが、緊張感があふれていて、嵐のような展開に魅了された。台本を見ながら難しそうだと感じたのと同時に『これを完璧にやり遂げられたら?』という期待が生じた」と伝えた。また、彼は「重たいジャンルのドラマなので撮影が緊張の中で行われそうだが、実際にはそうではない。現場はとても平和」と演技に集中できる『告白』の現場の雰囲気に親指を立てて「ただし、ジャンルを問わず演技は毎回難しいようだ」と謙遜したりもした。

一方、ジュノは「チェ・ドヒョン」のキャラクターを演技するための準備を徹底的にしていると答えた。ジュノは「知人の中に過去に弁護士だった方がおられ、友人が法曹界の人間だ。だから『一事不再理の原則』などの法律用語をはじめ、あれこれアドバイスをたくさんもらった。また、法廷に慣れるために今は法廷ドラマ、映画などをできるだけ多く見るように努力した」と伝えた。続いて「チェ・ドヒョンという人物の成長の背景、職業、処せられた状況などを考慮して、キャラクターのイメージを構築した。淡泊を越えてドライな感じを与えることができるよう演じている」と付け加えた。

ジュノは『自白』を通じて初めて呼吸を合わせるキム・チョルギュ監督とユ・ジェミョン俳優に対する考えも明らかにした。キム・チョルギュ監督については「監督は言葉数が多くない方だ。それにもかかわらず必要なものがあればその都度、確実にディレクションをしてくださる。だから、最近は毎日宿題をしながら過ごしているように感じる。実際には監督が本当に宿題を出してくれたことはないが、一人でそのように感じている」と笑って見せた。さらに「監督を信じるのみ」とキム・チョルギュ監督に向けた堅い信頼を表わした。

一方、ユ・ジェミョンについては、「本当にジェントル」とし「先輩と気兼ねなく演技について悩みを受け答えることができてうれしく、多くのことを学ぶことができる。作品で会うことができて、とてもうれしい」と話して注目を集めた。

最後にジュノは『自白』の視聴ポイントを直接選んだ。

彼は「捜査ドラマを待っていた視聴者の方であれば、ぜひ一度は見ていただきたい」と強く推薦した。続いて「個人的に捜査ドラマは事件の力が重要だと考えている。事件が引っ張る力が大きいほど、その力について行くのがこのジャンルの特性であり、同時にそれが私たちのドラマの長所のようだ」と言って期待を高めた。

tvNの新しい土日ドラマ『自白』は来る23日に韓国で初放送される予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2019-03-08 08:37:19