2PMジュノ&ユ・ジェミョン主演ドラマ「自白」、キャラクターポスター公開


tvNの新しい土日ドラマ『自白』のジュノ、ユ・ジェミョン、シン・ヒョンビン、ナム・ギエのキャラクターポスターが公開された。

来る23日に韓国で初放送予定のtvNの新しい土日ドラマ『自白』(演出キム・チョルギュ、ユン・ヒョンギ、脚本イム・ヒチョル)は、一度判決が確定した事件は再び扱うことができないという一事不再理の原則、その法の枠に隠された真実を追う者たちを描いた法廷捜査ドラマだ。第1回カンヌ国際シリーズフェスティバルの公式競争部門に進出して話題を集めた『Mother』を演出したキム・チョルギュ監督の新作だ。

今回、『自白』側がジュノ(チェ・ドヒョン役)、ユ・ジェミョン(キ・チュンホ役)、シン・ヒョンビン(ハ・ユリ役)、ナム・ギエ(チン女史役)のキャラクターポスターを公開した。

シワだらけで破れたキャラクターポスターにはそれぞれのキャラクターの性格と信念を推察させるコピーが含まれている。

まず、死刑囚の父親を救うために弁護士になった「チェ・ドヒョン」役を引き受けたジュノは、何かを射抜くような鋭い視線だ。これと共に「判決が重要でしょうか?真実が重要でしょうか?」というコピーからは弁護士チェ・ドヒョンの冷徹さが感じられる。一方、5年前の判決に不服だとして一人で真実を追う元刑事班長の「キ・チュンホ」役のユ・ジェミョンは荒くも熱い眼差しだ。また「判決がどうなろうと、俺はそいつが殺人犯だと確信している」というコピーからは真実に向けた執念がそのまま感じられ緊張感を高める。

一方、元熱血記者でありドヒョンの友人である「ハ・ユリ」役のシン・ヒョンビンは真実味を感じさせる眼差しだ。さらにシン・ヒョンビンのキャラクターポスターには「命をかけて真実を明らかにする記者?他人事だと思っていた」というコピーが書かれており、ストーリーの展開と変貌していく彼女の姿を期待させる。さらに神秘的な雰囲気のナム・ギエは印象的だ。彼女は劇中、ある日突然ドヒョンの事務所に現れた謎のハイスペック事務補助「チン女史」役を引き受けたが、「私が必要なはずです。弁護士様」というコピーは彼女の正体への謎を深める。

ポスターについてジュノは「真実が重要なのか、判決が重要なのかを葛藤して悩んでいる様子を表現するために努力した」と明らかにし、ユ・ジェミョンは「一度事件を引き受けたら最後まで解決しようとする意志が強い熱血刑事の姿を表現しようとした」とし、ポスター撮影でポイントを置いた部分を明らかにした。

一方、シン・ヒョンビンとナム・ギエは『自白』に合流した感想について語った。シン・ヒョンビンは「ハ・ユリは見た目も感情的な部分もこれまでお見せしてきたキャラクターとは毛並みの異なるキャラクターだ。視聴者が違和感を感じないように、自然に溶け込ませたい。台本を見て感じたままのユリを視聴者の皆さんに見せたいと思い熱心に準備しているので、たくさんの関心と期待をしてほしい」と伝えた。ナム・ギエは「チン女史は冷徹で明晰な頭脳を持っている人物だ。いつも明るい姿を見せるが、瞬間的にのぞかせる悲しみと寂しさがこの人を神秘的にしている。だからチン女史を演じることができて、ときめき胸がいっぱいだ。細かい網を作るように分析して計画する必要のある役なので、私も可能な限り集中してキャラクターを設定している。自分の正体を隠してドヒョンのオフィスに入ってきてドヒョンを助けてあげる、そうするほかない彼女の切実さが何なのか。たくさん視聴してほしい」と明らかにした。

tvNの新しい土日ドラマ『自白』は来る23日に韓国で初放送される予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ヨンウン記者
  • 入力 2019-03-11 09:19:06