トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「真心が届く」イ・ドンウクとユ・インナがソファーキスを予告

「真心が届く」イ・ドンウクとユ・インナがソファーキスを予告


  • 「真心が届く」イ・ドンウクとユ・インナがソファーキスを予告
最終回までわずか2話だけが残っている『真心が届く』の予告映像が話題を呼んでいる。

tvNの水木ドラマ『真心が届く』(脚本イ・ミョンスク、チェ・ボリム、演出パク・ジュンファ)はある日、ドラマのように法律事務所に突然現れた女優のオ・ジンシム(ユ・インナ)が完璧主義の弁護士クォン・ジョンロク(イ・ドンウク)に会って始まる偽装就業ロマンスだ。

去る21日に韓国で放送された14話では、お互いを恋しがっていたクォン・ジョンロクとオ・ジンシムが再会して切ないキスを交わした。そんな中、放送後に公開された15話の予告映像ではさらに熱くなった2人のソファーキスが描かれて、視聴者たちの胸キュンを誘っている。

15話の予告編の中では言動不一致モードのクォン・ジョンロクの姿が笑いを誘発する。クォン・ジョンロクは「オ・ジンシムさんを守るためにも今後はより徹底的に秘密の恋愛をしなければならないようです」と話しているが、オ・ジンシムへの愛情を隠し切れておらず周囲から疑いの目が向けられる。特にオ・ジンシムが撮影中のドラマの諮問弁護士をすると自ら要望するクォン・ジョンロクの姿が法律事務所の人々まで驚かせる。これにクォン・ジョンロクの目標通り2人の秘密を守れるのかが好奇心を刺激する。

続いて、クォン・ジョンロクの嫉妬が引き起こした歴代級のキスシーンが予告された。

クォン・ジョンロクはオ・ジンシムのドラマの台本を確認しながら「キスシーン」があることを知って途方に暮れた表情になる。しかし、「せっかく練習することにしたのですから、忠実に」というクォン・ジョンロクの声と一緒に2人のソファーキスが予告されて、視聴者をときめかせている。このように火のついた恋心を披露するクォン・ジョンロクとオ・ジンシムが、ソファーキスでどのような名場面を作り出すのかが期待を集めている。

『真心が届く』15話予告が公開されると、オンラインコミュニティとSNSなどでは「私の部屋の最前列で待機中です」、「ジョンロクとジンシムが結婚してくれたら」、「ソファーキスを予告に出すということは、次の段階もあるんですよね?信じてます!」、「ソファーキスなんて!2人が一緒で私が幸せ」などの熱い反応を伝えた。

一方、イ・ドンウクとユ・インナのソファーキスが描かれるtvN『真心が届く』15話は韓国で27日夜9時30分に放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2019-03-27 13:12:14