トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「真心が届く」最終回 イ・ドンウクとユ・インナ、腕を組んでパーティーに

「真心が届く」最終回 イ・ドンウクとユ・インナ、腕を組んでパーティーに

「真心が届く」最終回 

▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

  • 「真心が届く」最終回 イ・ドンウクとユ・インナ、腕を組んでパーティーに
tvNの水木ドラマ『真心が届く』(脚本イ・ミョンスク、チェ・ボリム、演出パク・ジュンファ)が去る28日に放送された16話を最後に最終回を迎えた。

『真心が届く』最終回(16話)では、お互いに真心が届いたことを再び確認する、クォン・ジョンロク(イ・ドンウク)とオ・ジンシム(ユ・インナ)の姿が描かれてハッピーエンドの結末が描かれた。

オ・ジンシムの熱烈なファン、ヨン・ジュンギュ(オ・ジョンセ)の嫉妬と妨害(?)にもかかわらず、2人は甘い恋愛を続けた。特にインターネット生放送中のオ・ジンシムから電話を受け取ったクォン・ジョンロクは自分の気持ちを告白して、ときめきと感動を誘った。

海外ロケで1カ月間離れなければならない状況でも変わらない愛情を確認した。そんな中、オ・ジンシムのスキャンダルが報道されたが、オ・ジンシムは恋人がいると所属事務所の代表ヨン・ジュンソク(イ・ジュニョク)に打ち明けた。ドラマの放送が終わった後に開催された10周年パーティーにクォン・ジョンロクはオ・ジンシムのボーイフレンドとして参加し、2人は人々の祝福の中で愛し合う仲であることを公開してハッピーエンドを迎えた。

また、キム・セウォン(イ・サンウ)はユ・ヨルム(ソン・ソンユン)に結婚しようとプロポーズし、ユ・ヨルムはこれを受け入れた。チェ・ユンヒョク(シム・ヒョンタク)とタン・ムニ(パク・ギョンヘ)はお互いに愛情を確認しあって燃える恋を続けた。かと思うと、ベテラン秘書のヤン・ウンジ(チャン・ソヨン)は事務長イ・ドゥソプ(パク・ジファン)の気持ちに気づいたが、丁寧に断った。しかし10周年パーティーで見つめ合う2人の姿も描かれて期待感を残した。

『真心が届く』はパク・ジュンファ監督の演出力から、新しいキャラクターを披露したイ・ドンウク、ユ・インナのケミストリーと、イ・サンウ、ソン・ソンユン、オ・ジョンセ、シム・ヒョンタク、チャン・ソヨン、パク・ジファン、イ・ジュニョク、オ・ウィシク、パク・ギョンヘなどの輝く活躍までが調和して、視聴者にビタミンのような愉快なエネルギーを伝えるロマンスドラマとして記憶に残ることになった。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2019-03-29 08:39:35