トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「サイコメトリーあいつ」7話 ジニョンとシン・イェウンがサイコメトリーキス

「サイコメトリーあいつ」7話 ジニョンとシン・イェウンがサイコメトリーキス

「サイコメトリーあいつ」 

▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

  • 「サイコメトリーあいつ」7話 ジニョンとシン・イェウンがサイコメトリーキス
明らかになる真実の中での捜査も、ロマンスも超スピードのジニョン(GOT7)とシン・イェウンの協力捜査が行われた。

1日に放送されたtvNの月火ドラマ『サイコメトリーあいつ』(脚本ヤン・ジナ、演出キム・ビョンス)では謎の男イ・スンジュンの顔が公開されると同時にジニョン(イ・アン役)、シン・イェウン(ユン・ジェイン役)、キム・グォン(カン・ソンモ役)、キム・ダソム(ウン・ジス役)の捜査が繰り広げられた。

この日、ユン・ジェイン(シン・イェウン)は父ユン・テハ(チョン・ソギョン)が犯人とされている2005年のヨンソンアパート火災事件に新しい疑惑を投げかけた。犯人の唯一の証拠であるユン・テハの「警備服」について、その日、父親が着ていた警備服を脱いで自分にかけてくれた記憶があることを明らかにしたもの。刑事ウン・ジス(キム・ダソム)はその日からカン・ソンモ(キム・グォン)を監視し、イ・アン(パク・チニョン)をナイフで刺した謎の男(イ・スンジュン)を真犯人として疑っていたことから、さらに疑惑が膨らんだ状況。

そんな中、イ・アンはサイコメトリーを通じて謎の男が家に侵入したことを明らかにした。

以降、過去にその男から逃げたカン・ソンモがその後、「そいつを探して殺す」と沈んだ眼差しで殺気を感じさせ、緊張感を高めた。

イ・アンとユン・ジェインは2016年ハンミン療養病院事件の最初の目撃者キム・ガプヨン(チェ・ドクムン)と彼が殺した本物のカン・ヒスク、消えた偽のカン・ヒスクが身分を売り買いした状況を推理し、彼が属していた組織に潜入して捜査を行った。しかし、正体がばれて予想外の死闘を繰り広げることになると、2人はアクションを繰り広げて組織員を倒して痛快で爽快な展開を見せた。

何よりも放送末尾、イ・アンを信じて心を開いたユン・ジェインが自分をサイコメトリーするように提案し、これにイ・アンがユン・ジェインにキスをして視聴者を驚かせた。

サイコメトリーを口実にしたキスは視聴者の心拍数を爆発させハイライトを飾り、2人の関係がどう変化するのか、今後の展開に関心が集まっている。

このように、すべての謎の出発点である2005年ヨンソンアパート火災事件とその事件を模倣した2016年ハンミン療養病院事件と殺害された目撃者キム・ガプヨン、その中心にいる妙齢の女性と謎の男まで、固く絡まっていた糸が一つ二つ解けている。果たしてイ・アンとユン・ジェイン、カン・ソンモ、ウン・ジスが絡まった糸をすべて解くことができるのかが期待を集めている。

一方、今日(2日)夜9時30分に放送されるtvNの月火ドラマ『サイコメトリーあいつ』8話ではキム・グォンと謎の男の対立し、さらにはジニョンとシン・イェウンにも危機が訪れることが予告された。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2019-04-02 08:42:17