トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「サイコメトリーあいつ」9話 GOT7ジニョンがシン・イェウンの父の正体を知る

「サイコメトリーあいつ」9話 GOT7ジニョンがシン・イェウンの父の正体を知る

「サイコメトリーあいつ」9話 

▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

  • 「サイコメトリーあいつ」9話 GOT7ジニョンがシン・イェウンの父の正体を知る
『サイコメトリーあいつ』が急展開で視聴者をひきつけている。

8日に韓国で放送されたtvNの月火ドラマ『サイコメトリーあいつ』(脚本ヤン・ジナ、演出キム・ビョンス)では、ジニョンとシン・イェウンの切ないロマンスとキム・グォンの疑惑が徐々に明らかになった。

この日、ユン・ジェイン(シン・イェウン)の過去の痛みを見てみると告白したイ・アン(パク・チニョン)は彼女をオルゴールショップに連れて行き、甘いデートを繰り広げた。まっすぐなイ・アンと彼が気になりながらも気持ちに気づかないふりをする恋愛初心者のユン・ジェイン、直接オルゴールを作る2人の初々しい恋愛は視聴者の笑顔を誘った。

また、この日、ウン・ジス(キム・ダソム)が心臓の手術を受けたという事実と一緒に彼女と高校生のカン・ソンモ(チョ・ビョンギュ)、子供イ・アンとの最初の出会いが明らかになった。暗かったころのイ・アンが、学校の問題児たちからいじめられていたイ・デボン(ノ・ジョンヒョン)を助けながら親しくなった過去が明らかになった。

一方、イ・アンは偶然、本で「アレキシサイミア」という感情表現ができない病気を知り、感情動詞を勉強していたカン・ソンモ(キム・グォン)を思い出して彼に奇襲攻撃まで行った。イ・アンは痛みを感じるカン・ソンモを見て安心したが、カン・ソンモは妙な笑顔を浮かべて疑問は残ったままになった。彼の足首に残っている傷も尋常ではない理由を推察させた。

何よりもカン・ソンモが2016年、ハンミン療養病院にいた偽のカン・ヒスクが最後に使った身分「キム・ソンヒ」を調べて彼女の行方を捜し、続いてウン・ジスは彼女のモンタージュがまさにカン・ソンモの母親カン・ウンジュ(チョン・ミソン)と似ているという事実を悟って緊迫感あふれる展開が繰り広げられた。2005年のヨンソンアパートの火災事件当時、カン・ウンジュの死がDNA検査も行われなかったという釈然としない部分はさらに謎を深めている。

それだけでなく、この日の放送末尾、ユン・ジェインが流した涙を介して彼女をサイコメトリーしたイ・アンは彼女の父が2005年のヨンソンアパート火災事件の犯人ユン・テハ(チョン・ソギョン)という事実を知って衝撃に包まれた。

この日の悲劇により大切な家族を失ったイ・アンが果たしてこの運命のいたずらをどのように受け入れるのか、2人のロマンスの行方は『サイコメトリーあいつ』10話で確認することができる。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2019-04-09 08:44:38