トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > チョン・ヘインのロマンチックな眼差し 「ある春の夜に」スチールカット公開

チョン・ヘインのロマンチックな眼差し 「ある春の夜に」スチールカット公開


  • チョン・ヘインのロマンチックな眼差し 「ある春の夜に」スチールカット公開
俳優チョン・ヘインの切ないロマンチックな眼差しが女心を揺さぶっている。

来る5月22日の韓国初放送を控えているMBCの新しい水木ドラマ『ある春の夜に』(脚本キム・ウン、演出アン・パンソク)側が、チョン・ヘイン(ユ・ジホ役)の多様な表情がおさめられたスチールカットを公開した。

ある春の日、2人の男女がひっそりと愛を探し求める、ときめきいっぱいのロマンスドラマ『ある春の夜に』はお互いに魅了された男女の感性ロマンスを予告している。感性を伝える演技で愛されているハン・ジミン(イ・ジョンイン役)とチョン・ヘインが出会って今年の春、視聴者を愛の雨で濡らす予定だ。

こうした中、公開された写真の中には劇中、温かくも芯のある薬剤師ユ・ジホに変身したチョン・ヘインの様々な雰囲気が表現されている。

楽しい会話をしているように明るい笑顔で通話する姿が、善良な印象で与える。また誰かを深く見つめる眼差しは彼だけが持つ感性がいっぱいに込められていて、ときめきを誘う。

一方、暗い照明の下で物思いにふける姿からは内面の孤独が感じられ、果たしてユ・ジホがどのような事情を抱いている人物なのかが気になる。

チョン・ヘインは『ある春の夜に』で一人の女性に会った後、忘れていたすべての感情がよみがえった男性の微妙な感情線をリアルに演じる。特に心が向かうほど、感情の振幅が大きくなるほど、現実との間で躊躇するユ・ジホの苦悩は現実のロマンスのリアルさをそのまま伝える。

今年の春、穏やかな日常に染み込んだ水彩画のような本当の愛を語るMBCの新しい水木ドラマ『ある春の夜に』は来る5月22日に初放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2019-04-23 08:43:31