トップ > エンタメ > 韓国ドラマ > 「サイコメトリーあいつ」15話 GOT7ジニョンとシン・イェウン、真実突き止めるか

「サイコメトリーあいつ」15話 GOT7ジニョンとシン・イェウン、真実突き止めるか

「サイコメトリーあいつ」15話 

▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

  • 「サイコメトリーあいつ」15話 GOT7ジニョンとシン・イェウン、真実突き止めるか
tvNの月火ドラマ『サイコメトリーあいつ』(脚本ヤン・ジナ、演出キム・ビョンス)が今日(30日)最終回を迎える。

『サイコメトリーあいつ』は体が触れた瞬間、相手が隠している秘密を読み取る少年イ・アン(ジニョン)と命をかけてでも隠したい心の傷を持つ少女ユン・ジェイン(シン・イェウン)の捜査ロマンスコメディドラマだ。

去る29日に韓国で放送された『サイコメトリーあいつ』15話では2005年のヨンソンアパート事件の真実をサイコメトリーで見たイ・アン(ジニョン)が倒れて心停止となり、これを発見したユン・ジェイン(シン・イェウン)がイ・アンに人工呼吸をする姿が描かれて緊張感を高めた。

この日、カン・ソンモ(キム・グォン)は警察署に自ら訪れた。

イ・アンはカン・ソンモを掴んだときに死に際に助けを求めるカン・グンテク(イ・スンジュン)の姿をサイコメトリーを通じて見た。カン・ソンモはイ・アンの手を離して消えた。カン・ソンモはカン・ウンジュ(チョン・ミソン)を警察署に連れていった。カン・ソンモはカン・ウンジュを家に連れて行って温かい食事をもてなして穏やかな時間を過ごした。続いてカン・ソンモとカン・ウンジュは地方裁判所を訪れてカン・ウンジュの身元回復申請をした後に別れた。

イ・アンはサイコメトリー能力を介してカン・グンテクをヨンソンアパートで見つけた。以後、イ・アンは過去に殺人事件が起きた702号を見ていて、そこに残っていた痕跡を見ることになった。イ・アンが見た過去はあまりにも悲惨だった。幼いカン・ソンモが殺人事件の犯人だったのだ。

結局、イ・アンは衝撃的な真実に耐えられずに倒れてしまった。事件現場を通りかかったユン・ジェインは倒れたイ・アンを発見し、彼の脈拍が停止しているのを確認した。果たしてイ・アンとユン・ジェインが過去の事件の真実を明らかにしてカン・ソンモとの関係を清算できるのかに関心が高まっている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2019-04-30 06:01:03