イ・ジュンギ、ソウル公演でアジアツアーにピリオド…4時間ノンストップの疎通


俳優イ・ジュンギが歴代級のパフォーマンスで、アジアツアーのアンコール公演を成功裏に終えた。

イ・ジュンギは去る28日、オリンピック公園オリンピックホールで2018-19アジアツアーアンコール公演「Delight:For Us」を盛況のうちに終えて、5カ国6都市を巡ったアジアツアーにピリオドを打った。

今回のアジアツアー「Delight」は2018年12月、梨花女子大学の大講堂でスタートし、大阪、横浜、台北、バンコク、香港でその熱気を高めていった。イ・ジュンギに向けたファンの愛に報いるために企画されたソウルアンコール公演「Delight:For Us」のニュースが伝えられると、国内外のファンが熱狂し、1カ月前に行われたチケットオープンで全席が売り切れて、韓流スターイ・ジュンギの姿が再び証明された。

特に、今回のアンコール公演「Delight:For Us」は、なんと4時間のノンストップで進行され、華やかなパフォーマンスとさまざまな構成でファンに歴代級の感動をプレゼントした。イ・ジュンギはドラマ『犬とオオカミの時間』、映画『王の男』など本人が出演した作品のOSTを直接披露し、タイトル曲の『For Us』をアコースティックバージョンで編曲するなど、従来とは異なる構成で公演を楽しく導いた。また、韓国まで訪ねてきてくれた海外のファンのためにアジアツアー当時、それぞれの国の言語で直接練習した曲を聞かせ、ファンの熱狂的な歓呼を引き出したりした。

イ・ジュンギの心からのファンへの愛に、国内外のファンも心から応えた。ファンはイ・ジュンギの誕生日を祝うケーキとバラの花のライト、紙飛行機を利用したイベントを準備し、これを見たイ・ジュンギは、変わらず応援してくれるファンの真心に感動し、これからも正しく良い人としてファンのそばで最後まで一緒にいることを約束した。格別な俳優と格別なファンの出会いだった。

また、イ・ジュンギは銀髪のヘアとピンクのスーツをマッチさせ、アイドルのようなビジュアルでも視線を集めた。コンセプトに合わせて新しい衣装を披露するたびに、会場の熱気はさらに盛り上がった。演技だけでなくダンスや歌、パフォーマンスまで可能な能力と才能を持つイ・ジュンギの今回のツアーは、俳優イ・ジュンギを越えてアーティストイ・ジュンギの魅力を存分に披露することができる時間となた。イ・ジュンギのこれからがさらに注目されている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2019-04-30 14:08:26