「自白」14話 ジュノとユ・ジェミョン、果てしない真実究明のエンドゲーム

「自白」14話 

▶ この記事にはドラマ本編のあらすじやネタバレの一部が含まれています。

『自白』でジュノとユ・ジェミョンがついに「影の支配者」ムン・ソングンの弱点を掴んだ。休む暇もなく吹き荒れる真実究明の「エンドゲーム」が視聴者たちを引き込んだ。

去る5日に韓国で放送されたtvNの土日ドラマ『自白』(演出キム・チョルギュ、ユン・ヒョンギ / 脚本イム・ヒチョル)14話では、チェ・ドヒョン(ジュノ)が父親チェ・ピルス(チェ・グァンイル)の再審を請求し、キ・チュンホ(ユ・ジェミョン)が10年前の「チャ・スンフ中佐殺人事件」の再捜査を開始して真実に近づいた。

チェ・ピルスが自首して刑務所に再収監された後、キ・チュンホはメディアブリーフィングの場に立った。まず、キ・チュンホは「ジェニー・ソン殺人事件」の容疑者チェ・ドヒョンに疑わしい点がないと明らかにし、続いて10年前に「チャ・スンフ中佐殺人事件」の犯人として知られているチェ・ピルスが自白を覆したという事実と一緒に再捜査を宣言した。この時、メディアの雰囲気を追い込む重要な役割をハ・ユリ(シン・ヒョンビン)が務めた。あらかじめチェ・ドヒョンを通じて依頼を受けたハ・ユリが当時の担当検事だったヤン・インボム(キム・ジュンギ)、チ・チャンリュル(ユ・ソンジュ)の名前を意図的に言及し、現職国会議員と影の支配者の関与疑惑を提起して事件の範囲を大きく膨らませた。その直後、チェ・ドヒョンは記者の前に直接立って「再審を請求する」と公言し、隠蔽勢力に向かって爽快な宣戦布告をした。

本格的にチェ・ドヒョンは裁判所に再審を請求したが、越えなければならない山は多かった。言論統制が開始され、裁判所が再審を受け入れるかも未知数だった。実際に裁判所の内部ではチェ・ドヒョンの再審請求をめぐり熱い甲論乙駁が繰り広げられ、判事の多数決の端にようやく再審が開始された。一方、キ・チュンホも再捜査を開始した。ファン・ギョシク(チェ・デフン)の自宅を捜索していたキ・チュンホは金庫の鍵を発見し、追跡の末に秘密資金送金内訳が記録された秘密帳簿と携帯電話2台を手に入れた。特に秘密帳簿からは、SIという名前で記載された1000億ウォン台の秘密資金の内訳が目に入り、チェ・ドヒョンとキ・チュンホはSIがまさに自分たちが追いかけなければならない影の支配者だと推定した。

このうち、「チャ・スンフ中佐殺人事件」の最初の再審公判が開かれ、10年前に事件の目撃者の身分だったオ・テクジン(ソン・ヨンチャン)が再び証人として法廷に立った。オ・テクジンは強引に偽りの証言を続けたが、チェ・ドヒョンはしっかりとした論理と証拠でオ・テクジンの証言が虚偽であることを主張した。以後、チェ・ピルスは被告人尋問中、事件当時に銃を撃った人物としてパク・シガン(キム・ヨンフン)を指名して法廷をざわつかせた。慌てた検査側は10年前、チェ・ピルスが偽の自白をした理由を掘り下げた。これにチェ・ピルスはオ・テクジンから息子チェ・ドヒョンの心臓移植手術の対価として、殺人の濡れ衣を着ることを提案されたと告白したが、オ・テクジンは全面否定した。これにより、パク・シガンの証人出席を課題として残して1次公判が終わった。

一方、キ・チュンホは「チャ・スンフ中佐殺人事件」の本当の動機を把握した。 10年前の兵器の導入と関連して検収任務を引き受けていたチャ・スンフ中佐が、誰かが望まない結果を出したことから殺された可能性があるというもの。キ・チュンホはチェ・ピルスがチャ・スンフ中佐と武器検収任務を一緒に引き受けていた情況を共有した。これと共にファン・ギョシクの秘密資金帳簿に記載されていたSIが「ソンイル財団」という事実も明らかになった。

以後、チェ・ドヒョンはジェニー・ソン(キム・ジョンファ)が死亡直前に自分に送った予約メールを確認して、10年前の事件が防衛産業の不正の隠蔽と関連があることを確信した。メールには2009年度に締結された「ブラックベア事業協約書」が添付されており、この協約書には当時の大統領の直筆サインが署名されていた。チェ・ドヒョンは父を訪ね「彼らにとって脅威となったり、目障りな人々はみな殺しておいて、なぜ私と父さんを生かしておいたのか気になった」と隠している真実を明らかにするよう要求した。これにチェ・ピルスはチャ・スンフ中佐と本人が致命的な欠陥がある武器「ブラックベア」の国内導入に反対していたこと、意見が無視されレポートがねつ造されたことをすべて明らかにした。続いて「私が書いたレポートの原本がある。過去10年間、世界に公開されたことのないレポートだ。時が来たようだ」とレポートの位置をチェ・ドヒョンに伝達した。そしてチェ・ドヒョンは10年間封印されていたレポートであり、防衛産業不正の実体を明らかにすることができる決定的な証拠を手に入れた。

このようにチェ・ドヒョンとキ・チュンホが影の支配者の正体を把握し、真実の境界にまでたどり着いた中で、ドラマの末尾には緊迫した状況が描かれた。

キ・チュンホがソンイル財団を訪れ、ついにチュ・ミョングンと対面したが、同じ時刻、ブラックベア検収レポートを奪い取るようにというチュ・ミョングンの指示を受けたマーク・チェ(ハン・ギュウォン)がチェ・ドヒョンを襲撃しようとする姿が描かれた。これに「終わるまで終わりではない」という名言を実感させる『自白』がどのような結末を結ぶのかが注目される。
  • MBNスター 大衆文化部 シン・ミレ記者 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2019-05-06 10:00:00