トップ > エンタメ > TV・映画 > 2PMジュノ「『妓房の郎子』で男の妓生役、台本が面白くて出演決めた」

2PMジュノ「『妓房の郎子』で男の妓生役、台本が面白くて出演決めた」


  • 2PMジュノ「『妓房の郎子』で男の妓生役、台本が面白くて出演決めた」
ジュノが映画『妓房の郎子』を通じて男性の妓生(キセン)になる。

ジュノは14日午前、ソウル市東大門メガボックスで開かれた映画『妓房の郎子』の制作報告会で「ホ・セク役を引き受けた2PMのジュノ」と挨拶した。

彼は「単純に楽しいことに集中した。本当に何も考えずシナリオを読んで『面白ければ出演しよう』と考えている時だったが、座ったその場でスラスラと読んだ」と出演したきっかけを明らかにした。

続いて「それほど面白かったし、観客も引き込まれる話だと思った。常に初めてのことに挑戦しようと考えているが、素材も面白くて出演することになった」と説明した。

『妓房の郎子』は廃業の危機に瀕した妓房を生かすためにホ・セク(ジュノ)が朝鮮最高の男の妓生になって繰り広げる、歴史上最も新鮮なコメディだ。

「朝鮮初の男の妓生」という新鮮な素材を中心にジュノ、チョン・ソミン、チェ・グィファ、イェ・ジウォン、コンミョンなど個性的な俳優たちが団結した。 6月に公開される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2019-05-14 11:32:38