キム・ナムジュとキム・スンウ、失踪と不仲説を否定「愛しているからこそ」


キム・ナムジュとキム・スンウ夫婦側が失踪と不仲説を否定した。

7日午後、あるメディアは先月30日、キム・スンウが妻のキム・ナムジュと連絡がとれないと警察に捜索願を出したが、ソウル市内のホテルにいたキム・ナムジュの所在が確認されてハプニングで終わったと報じた。

また、姿を消した理由が夫婦喧嘩だと付け加えられながら芸能界を代表する仲良し夫婦と知られている2人の間に問題が生じたのではという憶測も続いた。

これと関連して所属事務所は今回のハプニングについて夫婦があまりにも愛していることから生じたことだと説明した。所属事務所によると当時、キム・ナムジュが親しい知人との集まりに参加しており、携帯電話のバッテリーが切れてキム・スンウと連絡がつかなかったもの。また「キム・スンウは心配する気持ちから警察に届けを出たもの」とし「夫婦喧嘩や不仲は全く事実ではなく、夫婦がお互いをあまりにも愛しているからこそ生じたもの」と明らかにした。

一方、キム・スンウとキム・ナムジュは2005年に結婚して1男1女に恵まれている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2019-06-08 08:21:57