トップ > エンタメ > スターニュース > イ・ソンギュン&チョン・リョウォン、新ドラマで共演決定

イ・ソンギュン&チョン・リョウォン、新ドラマで共演決定


  • イ・ソンギュン&チョン・リョウォン、新ドラマで共演決定
イ・ソンギュンとチョン・リョウォンがJTBCの新しい月火ドラマ『検事内戦』の主演にキャスティングされた。

2019年末、JTBCで放送される『検事内戦』(演出イ・テゴン、クリエイターパク・ヨンソン、脚本イ・ヒョン、ソ・ジャヨン)は生活密着型検事たちのオフィスドラマで、現職検事のキム・ウンが著した同名のベストセラーが原作だ。メディアの中の華やかな法曹ではなく地方都市ジニョンで一日一日を生きていく平凡な「会社員の検事」の話を描く。

最近、映画『パラサイト』を通じて改めてその演技力を認められたイ・ソンギュンが今回の『検事内戦』で生活密着型検事イ・ソンウン役での出演を確定した。

イ・ソンウンはジニョン支庁刑事2部所属で、善良な印象で出世欲のないおおらかな人物に見えるものの、外見とはことなり手ごわい「一発」を持った人物だ。イ・ソンギュン特有の暖かくも重厚感のある演技のトーンが配役と高いシンクロ率を誇るだけにイ・ソンギュンらしいイ・ソンウンの姿がすでに期待を集めている。

中央地検でやり手として鳴らしていたが、ジニョン支庁に発令されたエリート検事チャ・ミョンジュ役にはチョン・リョウォンがキャスティングされた。様々な作品でジャンルを行き来する魅力を披露したチョン・リョウォンは今回の『検事内戦』で完璧な検事チャ・ミョンジュに変身、ガールクラッシュな姿を誇る予定だ。

これにより『検事内戦』はしっかりとしたベストセラーの原作を土台にJTBC『青春時代』シリーズで繊細な演出力と筆力を認められたイ・テゴン監督とクリエイターのパク・ヨンソン作家の再会、主演俳優イ・ソンギュン、チョン・リョウォンの合流まで三拍子をそろえて今年の下半期、最高の期待作として注目されている。

JTBC月火ドラマ『検事内戦』は2019年末に放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2019-07-25 08:47:13