コン・ヒョジン&カン・ハヌル「ドンベクの花が咲く頃」で期待以上の呼吸


『ドンベクの花が咲く頃』でコン・ヒョジンとカン・ハヌルが相次いで公開されたティーザー映像ですばらしい呼吸を披露することができた秘訣を直接明らかにした。

KBS2の新水木ドラマ『ドンベクの花が咲く頃』 (脚本イム・サンチュン、演出チャ・ヨンフン)は偏見に閉じ込められた猛獣のドンベクを、「愛があれば何でもできる!」という無条件の応援と支持で目覚めさせるファン・ヨンシクの爆撃型ロマンスだ。加えてドンベクとヨンシクの周辺は「愛なんて何でもない」と叫ぶ生活密着型ロマンスだ。コン・ヒョジンとカン・ハヌルはドンベクとヨンシクとして出会って今年の秋、心弾むロマンスを披露する予定だ。

コン・ヒョジンはまず「ヨンシクはとてもかわいいキャラクターだ。台本を初めて読んだときから「カン・ハヌル俳優が適格」と話したほど「ヨンシク」を見てハヌルさんが思い浮かんだ」とした。キャラクターもぴったりだが、演技の呼吸もぴったりだった。「私と演技のスタイルも似ていて、非常に楽に撮影している。日常的な演技を上手に披露しながらも、カリスマもあってとても頼もしい男性主人公に出会えてよかったと思う」とカン・ハヌルへの信頼を表わした。

カン・ハヌルは「ファンだった」という恥ずかしそうな告白から話し始めた。「ヒョジン先輩に僕のファンとしての気持ちをすべて伝え、また伝えている」という気持ちを素直に明らかにした彼は「いつも僕をヨンシクとして接してくれる先輩とお互いの負担にならないように、リラックスできる呼吸を探している」と説明した。このように、かけがえのない雰囲気を「後で振り返ったら、この時間が夢のようだったと思えるだろう」とも表現した。

最後に、コン・ヒョジンとカン・ハヌルは「毎日、ドンベクとヨンシクに会える時間を待ち遠しがりながら撮影している」と口をそろえた。だからだろうか。現場でも「誰もが想像した以上の素晴らしい呼吸だ。やはり次元が異なる演技と相性だ」という話が自然に出てくるという裏話だ。震えるときめきと激しく愛らしい2人の俳優の爆撃型ロマンスが今年の秋、視聴者を釘付けにすると期待を集める理由だ。

『ドンベクの花が咲く頃』は『サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~』のイム・サンチュン作家と『むやみに切なく』、『キミはロボット』のチャ・ヨンフン監督が『ベクヒが帰ってきた』以来、3年ぶりに再び意気投合した作品だ。『ジャスティス』の後続として18日午後10時に韓国で放送される。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2019-09-02 10:46:30