「アナと雪の女王2」韓国で500万人突破 公開から6日


映画『アナと雪の女王2』が韓国で公開から6日目にして500万人以上の観客を動員した。

27日、韓国映画振興委員会の映画館入場券統合電算網集計によると『アナと雪の女王2』(監督クリス・バック、ジェニファー・リー、輸入配給ウォルト・ディズニー・カンパニー・コリア)は昨日(26日)31万9566人を動員し、デイリーのボックスオフィス1位を記録した。累積観客数は511万1142人。

このような速度であれば1000万人突破も可能と思われる中で、前編である『アナと雪の女王』(2014)よりも勢いのある観客動員力を見せており注目される。前編の累積観客数500万人突破時点より11日も早く、『アナと雪の女王2』シンドロームに拍車をかけている。

『アナと雪の女王2』は隠されていた過去の秘密と新しい運命を見つけるために冒険をするエルサとアンナの話だ。

恐ろしい勢いと共に「N次観覧」(何度も観に行くこと)ブームも一緒に起きている。

一方、『アナと雪の女王2』の後は『ブラックマネー』が続いた。この日、一日のあいだに5万7037人の観客が観覧、累積観客数193万3963人を達成し2位を固守した。 『神の一手』スピンオフ犯罪アクション『神の一手:グィス編』は1万6397人の観客を動員し累積観客数211万8769人を記録し、3位にとどまった。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2019-11-27 08:13:36