ナムグン・ミン、935エンタと再契約「最善を尽くす」


俳優ナムグン・ミンが2015年から縁を結んできた現所属事務所935エンターテインメントとの義理を守って、再契約を締結した。

所属事務所935エンターテイメントは12日、公式報道資料を通じて「俳優ナムグン・ミンと長いあいだ培ってきた信頼と厚い信用をもとに再契約を締結した。今後もナムグン・ミンの活動に対する全面的な支援を惜しまず、より大きな発展のために心強い助力者となれるよう努力する予定だ。多くの応援と愛を送ってほしい」と明らかにした。

続いて「ナムグン・ミンの演技への情熱と誠実な努力に会社の従業員が毎回感動している。俳優と一緒に悩み、研究して、さらに演技にだけ集中できるように環境を造成して、一緒に成長するために最善を尽くしたい」と伝えた。

ナムグン・ミンは出演する作品ごとにリアルな演技と恐ろしいまでの吸引力でドラマへの集中度を高め「信じて見る俳優」と呼ばれている。細やかなディテール一つも逃さずに表現し、出演する作品ごとに代表キャラクターを更新している。

13日に韓国で初放送予定のSBS『ストーブリーグ』では晩年下位の球団に新たに赴任した「一位製造機」新任団長ペク・スンス役を演じて独歩的な演技力発散を予告している。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2019-12-12 08:27:52