キム・ジュンス、番組で超高層ビルにある自宅を公開


歌手キム・ジュンスが10年ぶりに地上波の番組に出演して超高層ラグジュアリーハウスを公開した。

去る11日に初放送されたMBCのバラエティ番組『共有の家』ではキム・ジュンスの家が初公開された。

この日、キム・ジュンスはソウル市松坡区蚕室洞にある自宅を披露した。ソウルの最高層ビルにあるキム・ジュンスの家からは江南(カンナム)のテヘラン路一帯が一目で見渡せるパノラマの夜景が輝いていた。

キム・ジュンスの書斎には華やかなゴールドの鳥がポイントとして装飾されており注目を集めた。リビングはすっきりとしながらもラグジュアリーに演出されており、キッチンには高級感のある食器類があって、メンバーたちは感嘆した。

ドレスルームも華やかだった。家というよりはファッションアイテムが整理されたブランドショップのショールームを連想させ、出演陣は「韓国の家ではない」、「人が住む家なのか」、「金持ちではなく大金持ちだ」、「ドバイに行った時にホテルで見たソファだ」と感心した。

放送を見たネットユーザーたちは「キム・ジュンス、10年ぶりに出演大歓迎」、「キム・ジュンスの家を共有してほしい」、「家を公開するのも簡単なことではないだろうに」、「キム・ジュンス、もっとテレビに出て」などの反応を見せた。

『共有の家』はスターたちがひとつの家に集まって生活し、自分のものを共有することで最近、世界的にも大きな話題となっている「共有経済」について感じてみる番組だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ジェウン インターン記者 / 写真=MBC放送画面キャプチャ
  • 入力 2019-12-12 13:31:33