チョ・ジョンソク、最優秀賞受賞後に涙で妻に感謝「照れくさいけど愛してる」


俳優チョ・ジョンソクが「2019 SBS演技大賞」で最優秀賞を受賞して涙を見せた。

先月31日に開催された「2019 SBS演技大賞」でチョ・ジョンソクは7月に終了したドラマ『緑豆の花』で中編ドラマ部門男性最優秀賞を受賞した。

チョ・ジョンソクは「意味のある時代を描いた『緑豆の花』に出会ったことが私には幸運だった」とし「大きな賞まで受賞して、これ以上もなく嬉しく幸せだ。東学農民運動という時代の話を描いたドラマだったが、演技ではあったもののその時間を生きたように感じた。熱く泣いて笑った時間だった」と感想を明らかにした。

続いてチョ・ジョンソクは「私を応援してくれるファンの方々にも感謝して愛してる」とし、「一緒に苦労したスタッフと補助出演者たちに感謝する」と付け加えた。

最後にチョ・ジョンソクは両親をはじめとする家族に感謝しながら「私に新しい家族ができたことご存知ですよね」とし「公式席上でこのような話はしないが、自分の仕事も忙しく年末コンサートも大変なのに私のことをすごく支えてくれた妻ジヨン(GUMMY)。すごく照れくさいけど、愛している」と愛情を表わして涙を見せた。

一方、チョ・ジョンソクとGUMMYは2013年、知人の紹介で出会い、恋人になった。歌謡界を代表するソロ歌手GUMMYとミュージカル俳優としても活躍したチョ・ジョンソクは「音楽」という共通点で愛を育てた。2人は5年の熱愛の末、2018年10月に結婚した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ イ・ジェウン インターン記者 / 写真=SBS放送画面キャプチャ
  • 入力 2020-01-02 09:19:04