ヒョンビンとソン・イェジン、3度目の熱愛説を否定 「あまりにもお似合い」


『愛の不時着』でぴったりの呼吸を見せてくれた俳優ヒョンビンとソン・イェジンが3度目の熱愛説を否定した。ドラマ撮影中、テーブルの下で手を握っていたという一部ネットユーザーの主張により熱愛疑惑が浮上したものだが、今回も「事実無根」で終わった。

ヒョンビンとソン・イェジンの妙な気流は18日、オンラインコミュニティに掲載された「テーブルの下で手を握っているヒョンビンとソン・イェジン」というタイトルの投稿が話題になり始まった。

この投稿者は『愛の不時着』メイキング映像でヒョンビンとソン・イェジンが手を握る必要のない場面で手をつないでいると熱愛を疑った。

このシーンは昨年12月29日に放送された『愛の不時着』の平壌デートのシーン。和気あいあいとした雰囲気の中、2人はテーブルの下で手を軽く握っているような様子が捉えられて注目を集めた。

このシーンについてインターネットユーザーは熱い反応を見せている。「もう手をつないで恋愛してもいい」「とてもよく似合うカップル。実際に交際していてもおかしくない」「ここまできたら熱愛を認めよう」「ソン・イェジンが両手を重ねているだけなのでは」「拡大解釈はもうやめよう」など様々な反応が続いた。

しかし、ヒョンビンの所属事務所側は毎日経済スタートゥデイに「突然の熱愛説だったのでメイキング映像を確認してみた。ソン・イェジン俳優が自分の手を重ねているものだ。ハプニングだ」と熱愛説を否定した。

ヒョンビンとソン・イェジンはこの1年間、2度の熱愛説に包まれた。2018年に映画『ザ・ネゴシエーション』に一緒に出演して縁を結び、2人が2019年1月に米国LAなどで旅行を楽しんだという噂が流れ、アメリカのスーパーで買い物を一緒にする姿がキャッチされて熱愛の噂が膨らんだ。しかし当時、2人の所属事務所は「2人が米国で知人たちと一緒に会ってご飯を食べただけ」と熱愛説をすぐに否定した。

熱愛説以後、ヒョンビンとソン・イェジンが『愛の不時着』に男女主人公としてキャスティングされて話題を集めたのに続いて、結婚説と決別説が同時に広まったりと関心を集中させた。これについても、双方は「言及する価値もない虚偽事実」という立場を示した。

以後、『愛の不時着』で完璧な恋人演技を見せ、2人の関係に対する関心が集中した。ドラマの中であまりにもお似合いだった2人の関係が実際の状況でも続くことを願う一部ネットユーザーの願いが撮影現場でキャッチされた曖昧な動きにより熱愛説へとつながったが、結果的にはハプニングで終わった。
  • 毎日経済 スタートゥデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2020-02-18 17:01:37