デビュー20周年のBoA「30代になって自分に寛大になることを決意、心も楽に」


歌手BoAが年齢を重ねて迎えた変化について打ち明けた。

去る19日午後に韓国で放送されたSBSのトーク番組『イ・ドンウクはトークがしたくて』には今年デビュー20周年を迎えたBoAがゲストとして出演して話を交わした。

この日、BoAは「10代は与えられたことをこなすのに忙しく、20代にはやりたいことを探すのに忙しく、30代には上手なことをいかにさらに上手に見せるかについて悩んでいる」と伝えた。

続いて「30代になってから、ずいぶんと楽になった」とし「私もまた完璧になりたくてもがいてきたようだ。そんな視線があったから」と打ち明けた。

それとともに「ある瞬間「私も人間なんだから」と思った。なぜ肝心な私に寛大になれなかったのかと思って、私が私に寛大になることにした」と説明した。

BoAはまた「考えを変えたら、人生の質が変わった。余裕が生まれて心も楽になった」と明るく笑った。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ キム・ノウル記者 / 写真=
  • 入力 2020-02-20 01:30:02