「ミッドナイト・ランナー」リメイク、日本のドラマとして4月中に放送予定


映画『ミッドナイト・ランナー』(原題:青年警察)が日本のドラマにリメイクされる。

日本テレビは14日、ホームページを通じて「4月NTV新土曜ドラマ『未満警察~ミッドナイトランナー』が放送される」と明らかにした。

『未満警察~ミッドナイトランナー』は俳優のパク・ソジュンとカン・ハヌルが主演で出演した映画『ミッドナイト・ランナー』(キム・ジュファン監督)をリメイクした作品で、中島健人(Sexy Zone)がカン・ハヌルが演じるヒヨル役、平野紫耀 がパク・ソジュンが演じるギジュン役を演じる。

『ミッドナイト・ランナー』は信じられるのは専攻書籍と若さだけの2人の警察大学の学生が目の前で目撃した拉致事件に巻き込まれて起こる話を描いた捜査アクション映画だ。LOTTEエンターテイメントが投資と配給を引き受けた作品で、2017年8月に公開され565万人の観客を動員してヒットにも成功した。
  • 毎日経済 スタートゥーデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2020-02-20 14:08:47