2PMジュノ、兵役中にも寄付「コロナ拡散防止のため3000万ウォン」


2PMジュノが新型コロナ拡散防止のため兵役中のなかでも善行を続けた。

ジュノは新型コロナ拡散により苦しむ社会脆弱階層の児童たちのために国際救護開発NGOワールドビジョン(会長ヤン・ホスン)に3000万ウォンを寄付した。

ワールドビジョン広報大使として安定した分かち合いを実践して良い影響を広めているジュノは低所得層の子供たちがコロナ事態により大きな苦痛を感じたり追加の感染者が発生しないように、少しでも力になりたいという気持ちから事務所にも知らせず本人が直接静かに寄付の意思を明らかにした。

ジュノは寄付に加え「大変な時間を過ごしている社会脆弱階層の子供たちを助けたいと思った。そして新型コロナ拡散防止のために励むすべての方に感謝と応援を送る」という気持ちを伝えた。

彼がワールドビジョンに伝達した後援金はウイルス感染や欠食の危機にある社会脆弱階層の子供たちに予防用品や食料品、生活費支援など、最も必要な部分に使われる予定だ。

一方、ジュノは2012年、児童後援を通じてワールドビジョンと縁を結んだ後、国内の青少年たちと一緒に飢餓体験、エチオピアボランティア活動、Global 6K for Waterキャンペーンなど国内外で良い趣旨のプログラムに積極的に参加し、社会的手本となっている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2020-03-02 09:35:06