シム・ウンギョン、日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞に


シム・ウンギョンが日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞を受賞した。韓国の俳優としては初めてだ。

シム・ウンギョンは去る6日に日本で開かれた第43回日本アカデミー賞授賞式で『新聞記者』で最優秀主演賞を受賞した。日本アカデミー賞は米国アカデミーの正式許可を得て、日本アカデミー賞協会(Japan Academy Prize Association)が発足した授賞式だ。

米国の授賞式と同じように映画関係者が受賞者を選択する。主要部門で優秀賞を先に授賞し、本授賞式で優秀賞受賞者の中から最優秀賞を発表する。

先立ってシム・ウンギョンは、映画『翔んで埼玉』の二階堂ふみ、『蜜蜂と遠雷』の松岡茉優、『人間失格 太宰治と3人の女たち』の宮沢りえ、『最高の人生の見つけ方』の吉永小百合と優秀主演賞を受賞していた。この日の授賞式で最優秀主演女優賞を獲得したもの。

シム・ウンギョンは日本語で「申し訳ない。全く予想していなかったので(感想の)準備をしてこなかった」とし「『新聞記者』を見てくださった皆さんに感謝する。松坂桃李さんと一緒に共演できて本当に光栄だった。本当に感謝している。今後も熱心に活動したい」と所感を伝えた。

『新聞記者』は日本の現政権で起きた政治スキャンダルをモチーフに国とジャーナリズムの裏面を鋭く批判した作品だ。シム・ウンギョンは劇中、記者の吉岡エリカ役を演じて好評を得た。

『新聞記者』はこの日、最優秀主演女優賞をはじめ最優秀主演男優賞と作品賞も受賞した。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2020-03-07 09:28:21