「オルチャン時代」出身のイ・チフンが死亡、生前にリンパ腺炎を訴える


『オルチャン時代』出身のアフリカTVのBJイ・チフンが死亡した。享年32歳。

19日、あるメディアは、イ・チフンが同日午前に死亡したと報じた。正確な死因は知られていないが、急性肺血症とされている。

イ・チフンは死亡前、リンパ腺炎を患ったという。

彼は13日、インターネット放送を休むことを知らせ「2日前からリンパ腺炎のため病院に出入りしたが、今日は疲れまで加わった」とし「どうかコロナではありませんように。マウスを握る力さえ出ないためモバイルで告知を残す。みんな、本当に大変な時期だが、頑張ってみましょう」と書いた。

故人の突然の悲報に、ファンや知人はSNSに哀悼の書き込みを残している。

イ・チフンは1988年生まれで『美男株式会社』、『オルチャン時代』などに出演した。
  • 毎日経済 スタートゥーデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2020-03-19 23:35:01