故イ・チフンさん、新型コロナ検査後に診療受けられず「時期逃した」


「オルチャン時代」出身のBJ(ライブ配信者)イ・チフンが享年32歳で死去した。

イ・チフンは19日午前、息を引き取った。死因は急性敗血症と知られているが、正確な死因は現在まで発表されていない。1988年生まれのイ・チフンはコメディTV『オルチャン時代5』に出演して顔を知らせた後、アフリカTV(ライブ配信サービス)のBJとして活動した。

先立ってイ・チフンは去る13日、自分のYouTubeチャンネルとSNSなどを通じて「2日前からリンパ節炎のために病院へ行ったり来たりしたが、今日は強力な倦怠感まで追加された。どうか新型コロナではありませんように。マウスを握る力さえ出なくて、モバイルでお知らせする」と明らかにした。

イ・チフンは生前、倦怠感を伴うリンパ節炎で健康異常症状を訴えており、高熱が持続したことから新型コロナの検査も受けたが陰性と判明したことが分かった。

故人と親交があったBJセヤは悲報が伝えられた日、ライブ放送を進行して「チフン兄さんが天国に行った」と伝えた。

彼はイ・チフンについて「本当に優しい兄だった」とし「嘘ではなく本当だ。なぜこのようなことで嘘をつくのか。(死因は)急性敗血症。葬儀場も新型コロナのせいで行けない。出棺は予定されているが行ってもいいなら行く」と伝えた。

また「(イ・チフンが)苦痛から救急治療室に行ったが、コロナ検査を受けろと言われたそうだ。ところが数日後にならないと診療ができないと言われ、時期を逃して治療をきちんとできなかったらしい」と説明した。

一方、イ・チフンの出棺は21日午前、厳守される。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ キム・ノウル記者 / 写真=イ・チフン インスタグラム
  • 入力 2020-03-20 02:01:01