パク・シネがイ・ソンギョンに続き礼拝映像に登場 話題集中


イ・ソンギョンに続いてパク・シネが登場した泳薫オリュン教会のYouTubeチャンネルの動画が話題だ。

去る22日、ソウル市江北区にある泳薫オリュン教会の公式YouTubeチャンネルには、パク・シネの「映像特別祈祷会応援メッセージ」映像が公開された。

映像でパク・シネは「神の平安がすべての聖徒たちにあふれるように祝福します」とあいさつした。続いて「新型コロナウイルスにより日曜礼拝をすることすら難しい昨今ですが、基本的な予防規則をよく守ってそれぞれの位置で礼拝しながら新型コロナウイルスを乗り越えてください。聖徒の皆さんも映像特別祈祷会に参加していますよね」と安否を尋ねた。

パク・シネは「ダニエル祈祷会で主催する映像特別祈祷会は新型コロナウイルスに苦しむみんなのための連合祈祷会です。3月6日から21日間、それぞれの位置でインターネット映像で参加する祈祷会です」と紹介し、「映像ではありますが一緒に心を集わせ礼拝するべき時です。残り少ない映像特別祈祷会に多くの参加をお願いします」と付け加えた。

パク・シネは新型コロナウイルス感染症拡散を防ぐために韓国政府がオンラインでの礼拝を勧めている中で、これに対する賛同を強調して参加を促したと見受けられる。

先立ってイ・ソンギョンが泳薫オリュン教会のオンライン礼拝映像に登場して大きな話題を集めた。

教会側はイ・ソンギョンが去る13日、泳薫オリュン教会の「国と民族のための特別映像祈祷会」に参加した映像をオンラインで公開し、再生回数40万回以上を記録し、大きな反応を得た。

イ・ソンギョンは映像で「ハレルヤ、私は俳優イ・ソンギョン長老です」と自己紹介した後、「愛する聖徒の皆さん。最近、神殿に集まって熱く神を自由に賛美し礼拝することができたことが、どれほど大きな祝福であったかを改めて感じています」とし「それでも今、映像を通じて礼拝することができるようにしてくれた神の恵みに感謝します」と明らかにした。

続いて清らかな声で賛美歌を熱唱して、ポータルサイトのリアルタイム検索キーワードにまで登場した。

ネットユーザーたちはイ・ソンギョンに続き、パク・シネの映像まで登場すると、泳薫オリュン教会に関心を見せた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ ソン・ジョンウン記者 / 写真=泳薫オリュン教会のYouTubeチャンネル
  • 入力 2020-03-23 12:34:39