2PMジュノ「テレグラムN番部屋事件」に確実な処罰望む


グループ2PMのジュノがテレグラムN番部屋事件に対する確実な処罰を求めた。

ジュノは23日午後、自分のインスタグラムストーリーを通じて「私の個人的空間は極めて幸せを分かち合うスペースとしてのみ使用したいという一念から、いかなる個人的な意見も共有しておらず、今後もそうたいのですが「テレグラムN番部屋」と関連する容疑者について確実な処罰が必要だと考える時点だ」と自分の考えを書いた。

続いて「2次拡散、およびこれらの犯罪が二度と起こらないように多くの方々が関心と警戒心を持たなければならないと思う」と声を高めた。

ジュノは「この事件の本質だけを把握し、しっかりとした結果を期待している」と締めくくった。

テレグラムN番部屋事件は、特定の運営者が未成年者などを脅迫して性搾取映像を撮影させて、これを流布して億台の収入を得たことが判明した事件だ。N番部屋は昨年2月から運営されたと伝えられた。


以下、2PMジュノのコメント全文

私の個人的空間はあくまでも幸せを分かち合うスペースとしてのみ使用したいという一念から、いかなる個人的な意見も共有しておらず、今後もそうたいのですが「テレグラムN番部屋」と関連する容疑者については確実な処罰が必要だと考えさせられる時点です。

また、2次拡散およびこのような犯罪が二度と起こらないように、多くの方々が関心と警戒心を持たなければならないと思います。

この事件の本質だけを把握し、しっかりとした結果を期待します。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ ソン・ジナ記者 / 写真=キム・ヨング、ジュノ インスタグラム
  • 入力 2020-03-23 16:18:34