少女時代ティファニー、アジア人への人種差別に「人類愛を記憶して」


少女時代出身のティファニーが新型コロナウイルス感染症の世界的な拡散により日々激しさを増しているアジア人に対する人種差別に厳しい忠告を与えた。

ティファニーは25日、自身のインスタグラムに長文の英文と写真を公開した。

ティファニーは「2020年は私たちすべてにとって感情的な自由落下だった」と話を切り出した。続いて「私は家にとどまり、私の役割を果たしてきた」とし「世界のアジア人が直面している人種差別を見ていると悲しくなる」とアジア人に向けられた人種差別について指摘した。

また「私はすべての人が今のような困難な時期を経験しながら何よりも人類愛と愛を記憶することを願う。私たちは一緒に戦っている。この世界には抱擁が必要だ」と呼びかけた。

一緒に公開された写真の中のティファニーは子犬を抱いてカメラを見つめている。

固い表情を通じて今の状況に対するティファニーの切ない心情が伝わってくる。

これにファンたちは「本当にかっこいい。良い指摘に感謝する」、「すべて正しい言葉」、「健康を守って、また会いましょう」などのコメントでティファニーを応援した。

一方、ティファニーは「ティファニー・ヨン」へと活動名を変えてソロ歌手として活動している。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チェ・ヒャンヒ インターン記者 / 写真=ティファニーSNS
  • 入力 2020-03-25 16:08:43