「B.Iの麻薬もみ消し疑惑」ヤン・ヒョンソク元YG代表の逮捕状は棄却に


所属歌手B.Iの麻薬疑惑をもみ消そうとした疑いを受けているヤン・ヒョンソク元YGエンターテイメント代表に対して警察が申請した逮捕状を検察が差し戻した。

京畿南部地方警察庁広域捜査隊は先週、ヤン・ヒョンソク元代表など2人に対してB.Iの麻薬捜査をもみ消そうとした疑い(犯人逃避教唆など)で水原地検に拘束令状を申請した。

しかし警察が申請した令状を裁判所に請求することなく差し戻したことが確認された。検察が拘束令状を請求しても裁判所が却下する可能性が高いと判断したと見受けられる。

ヤン・ヒョンソク元代表は2016年に発生したiKONの元メンバーB.Iの麻薬疑惑をもみ消すために供給元だった練習生出身のハン・ソヒを呼び出して懐柔、脅迫して陳述を覆すよう要求したという情報提供があり調査を受けててきた。

ヤン・ヒョンソク元代表はYGエンターテイメント社屋に情報提供者を呼び出して話をした事実は認めながらも「供述を覆すよう脅迫はしていない」と容疑を否認したものと伝えられた。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2020-03-25 16:03:02