「ザ・キング」2種類のメインポスターを公開…イ・ミンホ&キム・ゴウンインパクト大


『ザ・キング:永遠の君主』イ・ミンホ、キム・ゴウン、ウ・ドファン、キム・ギョンナム、チョン・ウンチェ、イ・ジョンジンが輝く次元の世界に招待するメインポスターを2種類公開した。

『ハイエナ』の後番組として、4月に初回放送を控えているSBSの金土ドラマ『ザ・キング:永遠の君主』(脚本キム・ウンスク、演出ペク・サンフン、チョン・ジヒョン)は、次元の扉を閉めようとする理系の大韓帝国の皇帝イ・ゴンと、誰かの暮らし・人・愛を守ろうとする文系の大韓民国の刑事チョン・テウルが両世界を行き来する共助を通じて描く次元が違うファンタジーロマンスだ。

大韓民国最高の筆力で名実共に「ロマンチックコメディ界のレジェンド」と呼ばれるキム・ウンスク作家と『恋するジェネレーション』(原題:Who Are You ?学校2015)、『太陽の末裔』のペク・サンフン監督、『検索ワードを入力してください:WWW』のチョン・ジヒョン監督が意気投合し、2020年最高の話題作として注目を集めている。

これと関連して2020年4月、平行世界の扉を開く『ザ・キング:永遠の君主』の2種類のメインポスターが注目を浴びている。

まずイ・ミンホ、キム・ゴウン、ウ・ドファン、キム・ギョンナム、チョン・ウンチェ、イ・ジョンジンそれぞれのオーラが調和した団体メインポスターでは大韓帝国と大韓民国の2つの世界の意味が込められた6人のキャラクターが描かれている。

大韓帝国の皇帝イ・ゴン役のイ・ミンホと、大韓民国の刑事チョン・テウル役のキム・ゴウンを中心に、大韓帝国の皇室近衛隊大将のチョ・ヨンホ役のウ・ドファン、大韓民国の刑事カン・シンジェ役のキム・ギョンナム、大韓帝国初の女性首相ク・ソリョン役のチョン・ウンチェ、大韓帝国の金親王イ・リム役のイ・ジョンジンの6人が「6人6色」の魅力を発揮することを予告している。

中央に位置する皇帝の制服を着たイ・ミンホは憂愁に満ちた眼差しと高貴な態度で輝かしい雰囲気を醸し出し、キム・ゴウンはおぼろげな眼差しでどこかへ視線を向けている。冷たいグレートーンで厳かな雰囲気を露にしたウ・ドファンは、愚直な眼差しで信義あふれる姿を、カリスマ性あふれるチョン・ウンチェは欲望と高尚さが入り混じった姿を見せた。また、キム・ギョンナムは神経をとがらせている表情を、イ・ジョンジンは暗いオーラを放ち期待感を高めている。

特にイ・ミンホとキム・ゴウンのカップルメインポスターでは大韓帝国の皇帝と大韓民国の刑事の運命的な出会いを美しく神秘的に描いた。都心の森の中で白馬に乗って立っているイ・ミンホとイ・ミンホだけを見つめるキム・ゴウン、揺れる照明の中でも屈せずにお互いに集中する2人は幻想的な雰囲気で「見るだけで波打つときめき」を与えている。

さらにイ・ミンホとキム・ゴウンの切ない目が合った運命の瞬間が180度対称になった姿で下側に映し出され、強烈なインパクトを与えている。大韓帝国と大韓民国、次元の異なる世界にいた2人が作り出す、冷たくてときめく平行世界のロマンスに対する疑問をさらに倍増させている。

制作会社のファエンダムピクチャーズは2種類のメインポスターを通じて初めて接するファンタジーロマンスと、今まで見たことのない平行世界について表現しようとした」とし「『ザ・キング:永遠の君主』は、夢中になるしかない吸入力のあるドラマだ。4月に初回が放送される『ザ・キング:永遠の君主』に多くの関心をお願いする」と明らかにした。

一方、『ザ・キング:永遠の君主』は『ハイエナ』の後番組として、韓国で4月中に放送される。
  • 毎日経済 スタートゥーデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2020-03-25 15:36:23