BESTie出身のダヘ、WORLDSTARエンタと専属契約「新しい出発」


ガールグループBESTie出身のダヘが、新しい所属事務所と契約し活動を再開する。

ダヘは最近、WORLDSTARエンターテイメントと専属契約を結んだ。所属事務所側は「ダヘと大切な縁を結ぶことができて、うれしい」とし「ダヘが音楽活動に専念して大衆に愛されるアーティストになれるよう全面的な支援を惜しまない」と立場を明らかにした。

ダヘは今年の夏、新曲発表を目標に準備に励んでいる。

所属事務所側「夏の雰囲気に合うサマーソングで出撃する予定で、多様な曲に接しながらコンセプトを考えている」とし「また演技トレーニングを並行しながら万能エンターテイナーに生まれ変わるために準備中」と伝えた。

ダヘは「WORLDSTARエンターテイメントで新しく出発できてうれしい」とし「たくさん悩んだ末、活動の方向に対する考えが一致する所属事務所を選択した。安定的な環境の中で音楽活動だけでなく演技活動、バラエティ番組の出演など様々な分野を通じて挨拶したい」とファンに伝えた。

ダヘは2013年にシングル『ドキドキ』を発表しデビューした。以降『Love Options』、『Thank U Very Much』、『Like A Star』などシングルアルバムとミニアルバム『Hot Baby』で活動してきたが、BESTieを脱退した後、ソロ活動を準備してきた。
  • 毎日経済 スタートゥーデイ パク・セヨン記者
  • 入力 2020-03-31 13:43:53