ジェジュンのコロナ感染発言が物議 3日の「Mステ」出演するか


歌手キム・ジェジュンが「新型コロナに感染した」という最悪のエイプリルフールのジョークで国内外で非難されている中で、3日、日本の音楽番組『ミュージックステーション』に予定通り出演するのかが関心を集めている。

キム・ジェジュンは度を越したエイプリルフールの冗談で日本国内でも非難の声が高まると、1日に出演予定だったNHKラジオ1『古家正亨のPOP A』生放送出演を見送った。

キム・ジェジュンの次の日本のスケジュールは3日午後7時に放送されるテレビ朝日の音楽番組『ミュージックステーション』だ。

『ミュージックステーション』は通常、生放送で進行されるが、この日の放送では3時間連続スペシャルが組まれている。キム・ジェジュンが予定通り放送に出演するのか、スケジュールをキャンセルして自粛するのかが注目される。

キム・ジェジュンはエイプリルフールの4月1日午後、自分のインスタグラムに「新型コロナウイルスに感染した」というコメントを書き込んで心配された。キム・ジェジュンは「自分は大丈夫という気持ちで過ごしてきた愚かな判断が今の私を作ってしまった。現在、病院で入院している」と自責する近況を知らせたが、これは嘘だった。

キム・ジェジュンは30分後に再びコメントを載せて「警戒心を心に刻んでほしいという意味のジョークだ」と明らかにして物議をかもした。それとともに「エイプリルフールのジョークにしては行き過ぎているが、短い時間の中で多くの方々が心配してくれた。絶対に他人事ではない。この文章によって受けるべきすべての処罰を甘んじて受ける」と説明した。

驚きのジョークに批判の声が高まるとキム・ジェジュンは「この文章を決してエイプリルフールだとは思っていない。私の家族が、私の友人が苦しんで死んでいく」と改めて説明したが、批判はおさまらずコメントを削除した。

以後、2度目の謝罪文を公開して「してはならない行動だと私自身も認識している。まず、私がSNSに書いた文によって新型コロナウイルスにより被害を受け方々、行政業務に支障があった方々に心から申し訳ないと謝罪する」と「正しくないという判断。わかっている。現在、緩んできているウイルスからの対処方法と危険性への認識。新型コロナウイルスにより被害を受ける方を最小限に抑えるために警戒心を持ってほしいという心からのメッセージを伝えたいと思った」と釈明したが、韓国の大統領府の国民請願掲示板に処罰要求の請願までされるなど、世論は依然として冷ややかだ。

日本国内の雰囲気も良くない。日本の国民コメディアンの志村けんさんが新型コロナ確定判定から1週間後に死亡し衝撃を与え、日本国内の感染者が急増する中で韓流スター、キム・ジェジュンの冗談に大きく失望したという反応だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者
  • 入力 2020-04-02 09:27:14