イム・シワン、映画「非常宣言」のオファーを受けて検討中


俳優のイム・シワンが映画'『ザ・キング』のハン・ジェリム監督の新作『非常宣言』への出演を検討している。

イム・シワンの所属事務所PLUM A&C側は6日、映画『非常宣言』出演を提案され、シナリオをもらって検討中」とし「まだ決まったことはない」と慎重な立場を示した。

『非常宣言』は航空機を舞台にしたパニック映画で、なんと200億ウォンを超える制作費が投入された韓国型災難ブロックバスターだ。ハン・ジェリム監督がメガホンを取り、ソン・ガンホ、チョン・ドヨン、イ・ビョンホン、キム・ナムギルが出演を確定した。

当初、今年3月にクランクインする予定だったが、新型コロナウイルスの影響で制作が暫定延期された。イム・シワンは、劇中の主要乗客の1人として出演を提案された。
  • 毎日経済 スタートゥーデイ ハン・ヒョンジョン記者
  • 入力 2020-04-06 11:09:03