「100日の朗君様」NHK総合で5月10日から ディオ&ナム・ジヒョンのロマンスに期待


スタジオドラゴンが制作し、tvNで放送されたドラマ『100日の郎君様』が5月10日からNHKの総合で放送される。CJ ENMのドラマが日本の公共放送であるNHKの地上波で放送されるのは初めてだ。

『100日の郎君様』は、完全無欠の王世子(世継ぎ)から突然、無能な男へと転落したウォンドゥク(EXOディオ)と朝鮮最高齢の独身女ホンシム(ナム・ジヒョン)の前代未聞の100日間ロマンスを描いたドラマだ。2018年の秋にtvN月火ドラマとして放送され、初放送視聴率は5%台からスタートしたものの、最終回では平均14.4%、最高16.7%と、月火ドラマの最高記録を更新した人気ドラマだ。

『100日の郎君様』は、権力争いが繰り広げられる当時の宮内の政治をリアルに描き出しただけでなく、王世子と最高齢独身女の婚姻という珍しいロマンスを結合させ注目を浴びた。また、ディオとナム・ジヒョンの熱演により数々のカップル愛称を獲得、視聴者の愛を一身に受けた。日本国内でのコンテンツ販売を担当しているCJ ENM海外コンテンツ事業局のチョン・ミンファチーム長は「CJ ENMから販売したドラマが日本のNHK地上波に編成されたのは今回が初めての事例で、『100日の郎君様』の放送によって日本国内の韓国ドラマターゲット視聴層がさらに拡大すると期待している」と明らかにした。

『100日の郎君様』を担当したスタジオドラゴンのソ・ジェヒョンプロデューサーは「ドラマのしっかりとしたストーリーとロマンスの組み合わせ、俳優たちの熱演のおかげで韓国でもあふれる愛を受けたので、日本のNHK地上波での放送が嬉しく楽しみだ」と伝え「日本の視聴者にもドラマの楽しさと感動がそのまま伝わってほしい」と感想を伝えた。

一方、『100日の郎君様』は日本のほか、アメリカ、ヨーロッパ、中東、アジアなど様々な国で販売され、世界中の視聴者の愛を受けている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2020-04-06 13:50:14