選挙前に突然のチャート不正操作疑惑 Highlight イ・ギグァン側が否定


グループHighlightのイ・ギグァン側がチャートの不正操作疑惑に対する立場を明らかにした。

所属事務所は8日、MKスポーツに音源チャートの不正操作疑惑と関連し「絶対に事実ではない」と明らかにした。続いて「虚偽事実の流布に対して法的に対応する」と伝えた。

この日、国民の党のキム・グンテ候補は記者会見を開き「アンダーマーケティング企業のクレティバーが違法に取得した一般人のIDを悪用して音源チャートを不正操作した状況と証拠がある」と主張して物議をかもした。

キム・グンテ候補によると、この業者はサーバーをレンタルしてパーティションを分けた後、複数のウィンドウを利用して音源を再生したり、コンピュータがモバイル機器のように認識されるように設定して音源を再生したりダウンロードする方法で音源チャートを不正に操作した。

キム・グンテ候補は音源を操作した歌手としてコ・スンヒョン、公園少女、BADKIZ、赤頬思春期、ソン・ハイェ、ヨンタク、ヨヨミ、ソヒャン、ALi、イ・ギグァンを指名して「違法にハッキングされたID、1716個をすぐに公開し、把握した違法グループのサーバ情報とIP情報を捜査機関に提供する」と明らかにした。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ キム・ノウル記者 / 写真=キム・ヨング記者
  • 入力 2020-04-08 14:24:30