元KARAのハン・スンヨン、イ・スヒョクなど所属のYGXと専属契約


グループKARA出身の女優ハン・スンヨンがYGXに移籍した。

14日、YGXは「演技に歌手、バラエティなど多方面で活躍しているハン・スンヨンと最近、専属契約を締結した」と明らかにした。

2007年にKARAとしてデビューしたハン・スンヨンは2013年に放送されたドラマ『チャン・オクチョン』を通じて女優に転向、『青春時代』『恋する十二夜 ~キミとボクの8年間~』などに出演ししっかりとした演技力で主演女優としての地位を固めた。

それだけでなく様々な番組に出演し「万能エンターテイナー」としての姿を見せ、ドラマOSTにも参加するなど絶え間ない活動で愛されている。

所属事務所は「多くの分野で優れた才能を持つハン・スンヨンが様々な活動をすることができるように全面的な支援を惜しまない」とし「今後のスンヨンの活動に期待してほしい」と伝えた。

一方、YGエンターテイメントの傘下レーベルYGXには俳優イ・スヒョクとチュ・ウジェ、歌手兼俳優クォン・ヒョンビン(VIINI)などが所属している。YGXは既存アーティストの活発な活動を支援する一方で新人俳優の発掘を含む俳優マネジメント事業拡大に注力している。
  • 毎経ドットコム MKスポーツ ソン・ジナ記者 / 写真=YGX
  • 入力 2020-04-14 09:49:32