パク・ヘジン、スリラードラマの主人公に 再びサイコパス演技を披露


俳優パク・ヘジンがドラマ『クライム・パズル』の男性主人公ハン・スンミン役にキャスティングされた。

ドラマ『クライム・パズル』は大人気ウェブ漫画を原作に、2020年に合わせて再解釈された作品で、警察大学の教授ハン・スンミンが恋人ユヒの父を殺害したと告白して逮捕されてからドラマが始まる衝撃的なサスペンススリラーだ。

自分の父親を殺したという恋人の告白を信じることができないと事件を再調査するプロファイラーのユヒとハン・スンミンが繰り広げる10回のインタビューと周辺人物の饗宴が期待される作品だ。

劇中、パク・ヘジンはハン・スンミン教授を演じて、20代で犯罪心理に関する論文を発表し一気に世界の犯罪心理学者の隊列に並んだ警察大学のスター教授から、突然の殺人告白で刑務所に収監された無期懲役囚に扮する。ハン・スンミンの兄弟のようなパートナー刑事と恋人であり弟子であるユヒと心理ゲームを行い、事件を徐々に解決していく謎めいた人物として犯罪スリラーの魅力を披露する。

先立ってOCN『バッドガイズ~悪い奴ら~』で最年少天才サイコパスキラーのイ・ジョンムンを演じて好評を博しただけに今回の作品でも彼が演じるサイコパス演技に期待が高まっている。当時、サイコパスを見事に消化して視聴者を驚かせたパク・ヘジンが演じる「イ・ジョンムン進化バージョン」が期待されているのだ。

『クライム・パズル』はYouTubeオリジナルのウェブドラマ『トップマネジメント』とNetflixオリジナル『人間授業』を制作したスタジオ329がドラマ制作を引き受け、今年の下半期に公開される予定だ。現在、キャスティング作業を行っている。
  • 毎日経済 スタートゥデイ チン・ヒャンヒ記者
  • 入力 2020-04-24 11:21:09