キム・ドンジュン、新型コロナ克服のためにマスク寄付


俳優キム・ドンジュンが大邱(テグ)、釜山(プサン)地域の社会的弱者層のためにマスクを寄付する。

キム・ドンジュンの所属事務所のMAJOR9は24日、「空港などでマスクを買って記者たちとファンたちに配っていたキム・ドンジュンが最近マスクのモデルに抜擢され、分かち合いを実践する意味で広告モデル料全額をマスクで寄付する」と明らかにした。キム・ドンジュンは、助けが必要な大邱、釜山地域の社会的弱者層のためにマスクを寄付することを決めたという。

キム・ドンジュンは「良い機会で広告に参加できるようになった」とし「社会的距離を置くことは新型コロナウイルスが終結するまでは注意しなければならないという思いで持続的に分かち合いが必要な大邱、幼いころから育った釜山の社会的弱者層に寄付を決心した」と明らかにした。

キム・ドンジュンはこれに先立ち、SBSドラマ『イケメン広場』の出演者と撮った広告料全額を寄付するなど、善行を続けてきた。
  • 毎日経済 スタートゥーデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2020-04-25 08:31:10