コ・アラ&イ・ジェウク、ロマアチックコメディ「ドドソソララソ」出演確定


『ドドソソララソ』がコ ・アラ、イ・ジェウクのキラキラ輝くラインナップを完成させ、新しい青春ドラマの誕生を期待させる。

2020年下半期に放送予定のKBS第2テレビの水木ドラマ『ドドソソララソ』(演出:キム・ミンギョン、脚本:オ・ジヨン、制作:モンスターユニオン)がコ・アラとイ・ジェウクのキャスティングを決定し、本格的な撮影に突入する。魅力あふれるコ・アラと大きな流れを見せているイ・ジェウクの出会いは、それだけでトキメキ指数を高める。

『ドドソソララソはエネルギージェティックなピアニスト、ク・ララ(コ・アラ)とアルバイト生のソン・ウジュン(イ・ジェウク)のキラキラロマンチックコメディーを描く。

それぞれの傷と秘密を抱いて小さな田舎のピアノ学院「ララランド」に集まった彼らの話が甘いトキメキとともに愉快な笑いを誘う。

孤児という人生の逆境に陥った肯定的なピアニストク・ララに変身する。一夜にして一文無しになり、一文無しでもク・ララの人生に挫折などない。一条の光を追って頼もしい更生に乗り出したク・ララの青春第二楽章がダイナミックに繰り広げられる。

『ミス・ハンムラビ』、『応答せよ1994』など様々な作品で演技の変身を繰り返してきたコ・アラが今作を通じてロマンチックコメディに挑戦する。特有の明るい性格でク・ララの魅力を倍増させるコ・アラは「ロマンチックコメディのジャンルをぜひやってみたかったので、この作品を通じて挑戦することができてわくわくする」とし「魅力的で特色ある作品とキャラクターで挨拶することができそうなので私も楽しみだ。視聴者の方々も一緒に楽しめる作品になれるように頑張りたい。多くの愛をお願いする」という愛情のこもった感想を伝えた。

大物俳優として注目を集めているイ・ジェウクはクールだが、心だけは温かい自由な魂のソン・ウジュンを演じて期待を募らせている。ソン・ウジュンはこれといった夢も目標もなくアルバイト生で生計を立てる秘密の多い青年だ。怖そうだが優しくて、冷たそうでも温かいギャップの魅力で女心を魅了する。

人気を博しているイ・ジェウクは「天気が良ければ訪ねていきます」、『偶然見つけた一日』、『検索ワードを入力してください:WWW』などで実力のある演技力とビジュアルで存在感を立証した。そんな彼が、ソン・ウジュンを通じて見せるさらなる変身が待ち遠しい。「台本を読みながら、ソン・ウジュンという人物が知りたくなった。

荒っぽく見えるが繊細で、冷たいようだが温かい相反した姿が共存する魅力的な友達」とキャラクターに魅了された理由を明かしたイ・ジェウク。続いて「新人として持てる大きな幸運だと思う。後悔のない作品になるように頑張りたい。ドラマを通じて視聴者の方々の日常にも温もりを伝えることができるよう願っている」と胸躍らせる合流に対する感想と覚悟を語った。

『ドドソソララソ』はKBSドラマスペシャル『安東ククス屋の女』、『悪い家族たち』をはじめ、『最高の離婚』を共同演出したキム・ミンギョン監督と『私の恋したテリウス〜A Love Mission〜』、『ショッピング王ルイ』などを通じて繊細で感覚的な筆力を認められたオ・ジヨン作家が意気投合した作品。今年下半期に初回が放送される予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥーデイ ヤン・ソヨン記者
  • 入力 2020-04-27 09:21:31