トップ > エンタメ > スター写真 > 「感情が激して1度だけ」キム・ヒョンジュン、容疑の一部を認める

「感情が激して1度だけ」キム・ヒョンジュン、容疑の一部を認める


  • 「感情が激して1度だけ」キム・ヒョンジュン、容疑の一部を認める
恋人暴行の疑いで訴えられた歌手兼俳優キム・ヒョンジュンが警察に出頭した。キム・ヒョンジュンは2日午後9時頃事件を受け取った松坡(ソンパ)警察署に姿を現した。恋人A氏に対する暴行致傷ならびに傷害の疑いに対する調査のために警察へ出頭、訴状が受け付けられてから11日目だった。

この日黒い上下の服を着たキム・ヒョンジュンは「誠実に調査を受ける」と短い言葉を残して調査室に入った。淡々とした表情に注目が集まる。キム・ヒョンジュンは現在「2014キム・ヒョンジュンワールドツアー」コンサートを進行中であり、来る7日ペルー公演を控えて初めて関連調査を受けることとなった。

一方キム・ヒョンジュンはA氏から常習的な暴力容疑で訴えられた。A氏は2012年からキム・ヒョンジュンと恋人関係だったと主張しており、最近2ヶ月間は暴行と謝罪、許しを繰り返す過程で全治6週間の負傷を追ったとして告訴理由を明らかにした。

しかし、キム・ヒョンジュン側はA氏との関係について「2012年から知っている仲ではあったが、交際は最近数ヶ月」だとして2年の交際説を否定した。またA氏の負傷についても「たった1度口げんかの最中で感情が激して争いになったのみ、あばら骨骨折も以前に互いが冗談を交わしている最中に怪我をしたもの」だと主張した。
  • 毎日経済 | (C) mk.co.kr
  • 入力 2014-09-03 14:09:36