BLACKPINK、レディー・ガガ『Sour Candy』29日に公開


BLACKPINKとレディー・ガガ(Lady Gaga)が共に制作した『Sour Candy』の発売日が公開された。カムバックを控えたBLACKPINKは、再び世界の音楽ファンの注目とともに、本格的なグローバル市場攻略のための準備に入る予定だ。

レディー・ガガは6日(米国時間)、公式SNSに6thアルバム『Chromatica』を29日にリリースすることを明らかにした。彼はこれに先立ち、BLACKPINKのフィーチャリング曲が含まれたトラックリストを公開したのに続き、同日、アルバムの発売日を確定した。

BLACKPINKはこのアルバムの10番トラック『Sour Candy』をフィーチャリングした。まだ音楽に関する情報も公開されていないが、東洋と西洋を代表するポップスターのコラボレーションなので世界中の音楽ファンの関心が集まっている。

米ビルボードは、レディー・ガガのニューアルバム発売日の確定ニュースを深く取り上げながら、このような期待感を伝えた。ビルボードは「レディー・ガガの『Chromatica』は彼女に才能ある音楽仲間と一緒にチームを組む新しい機会になった」とし「『SourCandy』はKポップスーパーグループBLACKPINKと共に作業する」と意味づけた。

レディー・ガガのアルバムには、BLACKPINKをはじめ、アリアナ・グランデ(Ariana Grande)、エルトン・ジョン(Elton John)が参加した。ポップ音楽の現在と歴史を飾ったミュージシャンの間にBLACKPINKが堂々と名を連ねたわけだ。

BLACKPINKとポップスターのコラボレーション効果はすでに検証済みだ。BLACKPINKは2018年、ドゥア・リファ(Dua Lipa)の『Kiss and Make Up』をフィーチャリングし、イギリスのOfficial Singles Chart Top 100で36位にランクインし、旋風を巻き起こした。

以後、BLACKPINKとドゥア・リファはコンサートで出会い、成功的な舞台まで飾ったことがある。

BLACKPINKは昨年『Kill This Love』を発表した後、米ビルボードのメインシングルチャート「HOT 100」41位、メインアルバムチャート「ビルボード200」24位に入り、Kポップガールグループ新記録を更新した。これと共に米国最大の音楽フェスティバルである「Coachella Valley Music and Arts Festival」の舞台に上がり、4大陸23都市32回ワールドツアー、日本3都市4回ドームツアーを通じて世界中のファンと会った。

YG側は最近「BLACKPINKは6月に復帰する予定だ」とし「正確な日程が決まればファンに一番先にお知らせする」と伝えた。
  • 毎日経済 スタートゥーデイ イ・ダギョム記者
  • 入力 2020-05-07 10:47:45