「悪の花」イ・ジュンギ&ム・チェウォンなど参加の台本読み合わせ現場公開


tvNの水木ドラマ『悪の花』が、イ・ジュンギ、ムン・チェウォン、チャン・ヒジン、ソ・ヒョヌの熱演が際立つ台本リーディング現場と黄金ラインナップを公開した。

「14年間愛してきた夫が血も涙もない連続殺人魔なら?」という衝撃的な話題を投げるtvNの水木ドラマ『悪の花』(脚本ユ・ジョンヒ、演出キム・チョルギュ)は、残酷な過去を隠して身分を変えた男ペク・ヒソン(イ・ジュンギ)と彼の過去を追跡する殺人刑事の妻チャ・ジウォン(ムン・チェウォン)、目をそらしたい真実の前に立った2人の感性追跡ドラマだ。

本格的な開始を知らせた台本リーディング現場にはロマンスとスリラーを行き来する名演出のキム・チョルギュ監督と、堅い筆力で注目されているユ・ジョンヒ作家、そしてこれを200%の相性で完成させるイ・ジュンギ(ペク・ヒソン役)、ムン・チェウォン(チャ・ジウォン役)、チャン・ヒジン(ト・ヘス役)、ソ・ヒョヌ(キム・ムジン)を主軸に名俳優たちが総出動して呼吸を合わせた。

まず、イ・ジュンギは「視聴者の方々が長く記憶するに値する作品として残したい」という抱負を、ムン・チェウォンも「良い作品と出会っただけに、良い演技を見せるために最善を尽くしたい」と熱意を表した。

続いて和気あいあいとした雰囲気の中で挨拶を交わした俳優たちはリーディングが始まると一瞬のうちにそれぞれの配役に没頭、ピンポンのようにセリフをやりとりしたり感情を表現する熱演を繰り広げて「悪の花」を咲かせ始めた。

劇中、時限爆弾のような過去を隠したまま愛情さえも演技した男ペク・ヒソンを演じるイ・ジュンギは、冷たさと温かさ、その両極端のきわどい綱渡りを完成、ムン・チェウォンは最愛の妻でありカリスマあふれる刑事チャ・ジウォンの二重の魅力を表現してこれまでとは異なる演技変身を見せた。何よりも2人のロマンスいっぱいの夫婦演技が現場を熱く盛り上げたり、お互いへの疑問を抱いていく繊細な演技は現場を緊張感でいっぱいに満たした。

チャン・ヒジンも悲しい家族の事情を一人で抱えて生きてきた連続殺人犯の娘ト・ヘスになりきって現場を引き込んだ。映画やドラマを行き来して注目されているソ・ヒョヌはスクープに盲目な週刊誌の記者キム・ムジンを演じて、リズミカルな演技で活力を吹き入れた。

このように、主演4人のアンサンブルが期待される『悪の花』は変化に富んだ演技スペクトラムを持つキム・ジフン、チェ・ビョンモ、ソン・ジョンハク、ナム・ギエ、ユン・ビョンヒなど「名品俳優」という修飾語が惜しくない俳優たちが一堂に会して完成度を高める予定だ。後半部までインパクトのある人物が追加で登場するだけに、緊張を緩めることができないようにするという制作陣の野心的な抱負が込められているという。

また、個性豊かな刑事を引き受けたイム・チョルヒョンとチェ・デフン、チェ・ヨンジュン、キム・スオとチョ・ギョンスク、ヤン・ヘジン、イム・ナヨン。イ・ジュンギとムン・チェウォン夫婦のかわいい娘として登場する子役チョン・ソヨンまで、ドラマに活力を吹き込んでくれる魅力満点の俳優たちでラインナップを確定して期待感を増している。

このように、イ・ジュンギ、ムン・チェウォン、チャン・ヒジン、ソ・ヒョヌをはじめ演出、台本まで完璧なシナジーを予告しているtvN水木ドラマ『悪の花』は7月初放送される予定だ。
  • 毎日経済 スタートゥデイ シン・ヨンウン記者
  • 入力 2020-05-18 09:06:54