ASTRO チャ・ウヌが謝罪「梨泰院訪問は事実、深く反省」


ボーイグループASTROのチャ・ウヌが梨泰院訪問を認め、謝罪した。

チャ・ウヌの事務所ファンタジオは18日、公式コメントを通じて「チャ・ウヌが去る4月25日、梨泰院に行ってきたことが確認された。当社の管理不十分により、全国民の約束である「社会的距離の確保」を守れず、心配をおかけして申し訳ない」と明らかにした。

それとともに「チャ・ウヌは5月初めに感染者発生で問題になった場所には行っておらず、当社が疾病管理本部にコロナ選別検査対象なのかを問い合わせた結果、症状がない場合は検査は強制勧告ではないとの回答を受け取った。

しかし、アーティストと周囲の人々の健康状態と安全のためにすでに選別診療所で検査を進めており、陰性と判定された」と釈明した。

チャ・ウヌ側はまた「理由の如何を問わず、すべての国民が社会的距離の確保を実践している時点で所属アーティストであるチャ・ウヌが梨泰院近くを訪れたのは軽率な行動であり、現在アーティスト本人も社会的距離確保に忠実に努力を傾けなかった部分を深く反省している」と付け加えた。

これに先立ち同日、あるメディアはゴールデンウィーク期間中だった4月25日午後から26日未明まで「97年生まれ」アイドル4人が梨泰院に集まったとして「防弾少年団ジョングク、ASTROチャ・ウヌ、NCTジェヒョン、SEVENTEENミンギュ」と名前を明らかにし関心を集めた。


以下はファンタジオ公式コメント全文

こんにちは、ファンタジオです。

チャ・ウヌが去る4月25日、梨泰院に行ってきたことが確認されました。当社の管理不十分により全国民の約束である「社会的距離の確保」を守れず心配をおかけして申し訳ありません。

チャ・ウヌは5月初めに感染者が発生して問題になった場所には行っておらず、当社が疾病管理本部にコロナ選別検査対象なのかを問い合わせた結果、症状がない場合は検査が強制勧告ではないとの回答を受け取りました。

しかし、アーティストと周囲の人々の健康状態と安全のために、すでに選別診療所で検査を行っており、陰性と判定されました。

理由の如何を問わず、すべての国民が社会的距離の確保を実践している現時点で所属アーティストであるチャ・ウヌが梨泰院の近くを訪れたのは軽率な行動であり、現在、アーティスト本人も社会的距離確保に忠実な努力を傾けることができなかった部分を深く反省しています。

今後は所属するすべてのアーティストたちが生活防疫の決まりを遵守して、このようなことが発生しないように最善の努力をすることを約束します。ご心配をおかけして申し訳ありません。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者
  • 入力 2020-05-18 14:06:30