NCT ジェヒョン、梨泰院訪問を謝罪「社会的距離守れず反省」


ボーイグループNCT 127のジェヒョン側が社会的距離確保が呼びかけられていた期間中、梨泰院を訪問したことを認め、謝罪した。

ジェヒョンの所属事務所SMエンターテイメント(以下SM)は18日、公式コメントを発表し、「ジェヒョンは4月25日、友人と梨泰院にある飲食店、バーを訪問したが問題となった特定のクラブには行っておらず、感染者が梨泰院を訪れる7日前ことだった」と明らかにした。

続いて「ジェヒョンに症状はないが梨泰院クラブを皮切りに新型コロナウイルスが拡散したことから、自ら進んで新型コロナウイルス診断検査を受けて陰性判定を受けた」とし「ジェヒョンは誰もが日常的な出会いを自制し、社会的距離を守るべき期間に注意しなかった部分について深く反省している」と付け加えた。

SMエンターテイメントはまた「当社もアーティストが個人的な時間にも社会的距離の確保を徹底するように指導して管理すべきところ、不足していた点を深くお詫び申し上げる。今後このようなことがないようにアーティストの管理に一層努める」と謝罪した。

これに先立ち同日、あるメディアがゴールデンウィーク期間だった4月25日午後から26日未明まで「97年生まれ」アイドル4人が梨泰院に集まったとして「防弾少年団ジョングク、ASTROチャ・ウヌ、NCTジェヒョン、SEVENTEENミンギュ」だと名前を明らかにして関心を集めた。


以下はSMエンターテイメントのコメント全文

こんにちは、SMエンターテイメントです。

新型コロナウイルスにより多くの方々が苦労している状況のなか、ご心配をおかけして申し訳ありません。

ジェヒョンは4月25日、友人と梨泰院にある飲食店、バーを訪問しましたが、問題となった特定のクラブには行っておらず、感染者が梨泰院を訪れる7日前のことでした。

ジェヒョンに症状はありませんが、梨泰院クラブを皮切りに新型コロナウイルスが拡散したことから、自ら進んで新型コロナウイルス診断検査を受けて陰性判定を受けました。

ジェヒョンは誰もが日常的な出会いを自制し、社会的距離を守るべき期間に注意しなかった部分について深く反省しています。

当社もアーティストが個人的な時間にも社会的距離の確保を徹底するように指導して管理すべきでしたが、不足していた点を深くお詫び申し上げます。

今後このようなことがないようにアーティストの管理に一層努めます。
  • 毎日経済 スタートゥデイ キム・ソヨン記者
  • 入力 2020-05-18 14:47:54